オオクワガタを育てよう (割り出した幼虫を菌糸びんに入れる)

今年も細々とブリードをしているオオクワガタの幼虫が採れました。

画像


セットした産卵木から幼虫が採れたら、菌糸びん に幼虫を移します。

菌糸びんは、ペットショップやホームセンターなどで購入できます。

300円くらいの安いものから1000円位までピンキリですが…

菌糸ブロックを購入すると安上がりです。

基本は・・・、菌糸瓶1個に幼虫1匹を投入します。

幼虫がもぐって行きやすいように穴をつくって、頭の方から入れてやります。


画像


幼虫を入れるときに幼虫がいた周辺の木屑も少し一緒に入れます。

割り出した幼虫は、直接手で持たずに割りばしなどで軽くはさんで移しましょう。

人間の手の常在菌が幼虫の気門から入って病気になるのを防止します。

栄養たっぷりの菌糸瓶の中で大きくなぁれ。

画像


幼虫を採り出すまでの記事は、以下を参照ください。

オオクワガタを育てよう (産卵セットを組む)

オオクワガタを育てよう (産卵木から幼虫を割り出す)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2011年06月18日 07:29
そうか~我が家の唐芋床は巨大な育成箱?
親指大の幼虫が多いけどカブトムシのメス?
気にも留めないけど、多いですよ!^^!
ken/南関さんへ (GAKU)
2011年06月18日 07:42
ken/南関さん、いつもコメント有り難うございます。農業をしているとカブト・クワガタと接する機会が多いと思います。シイタケの廃ホダ木はクワガタの理想的な生育環境を提供してもらっていることになります。農家の方々が整備し程よく人間の手の入った里山の環境はにとっても大切なものとなっています。
2011年06月18日 10:31
子供の頃は、わくわくしたけど、今虫を見ると、ギャ~だもんなw
2011年06月18日 12:40
そうでしたねぇ~幼虫をつかむときは清潔操作が必要でしたね。
自分もそれを知らずに中学校の頃手づかみで幼虫を触ってしまい何匹か成虫になる前にお星様にさせてしまいました・・・^_^;
としおちゃんへ (GAKU)
2011年06月18日 20:41
としおちゃん、コメント有り難うございます。
そうですね。子供の頃は怖いもの知らずで…、蛾の幼虫やカナヘビなんかも平気でつかんでいましたぁ。今は抵抗、確かにありますね。
ならいいけど…、山にはえげつないやつがいっぱい居てますからねぇ。
気ままさんへ (GAKU)
2011年06月18日 20:46
気ままさん、コメント有り難うございます。
カブトやクワガタの幼虫たち、意外とデリケートなんですよね。きれいと思っている私たちの手も幼虫たちにとっては感染症を媒介する危ないものということになりますかね。
2011年06月20日 05:43
だめだ~、じっと見ることができませんでした~お許しくだされ~
黎明さんへ (GAKU)
2011年06月21日 10:21
黎明さん、コメント有り難うございます。
はははっ…、そうでしたかぁ。
カブトやクワガタの成虫はおなじみでも…、幼虫の姿は苦手な女性の方多いと思いますよ。
 でも…、ずっと観察しているとかわいく思えるのですよねぇ、これが。
クワガタ採集シリーズ…。
もっと、グロテスクな生物もいろいろ写っているので…、きびしいね。
2011年06月22日 06:28
か、かわいいですか・・・。

はいはい、そういうときはさっと通り過ぎますから~。ごめんください
黎明さんへ (GAKU)
2011年06月22日 07:33
了解しましたぁ~

この記事へのトラックバック

QRコード