DSCC関西 ツーリング回顧録

DSCC関西が元気だったころの懐かしい写真が出てきました。
この頃は、Z32の全盛期時代です。

画像


DSCCは、全国規模のフェアレディZ のオーナーズクラブで、全国各地に支部があります。

関西支部は、現在 休会状態??? になっているのでしょうか

この頃は、わたしも家族連れで頻繁にツーリングに参加していました。

画像


同じ車種ですが、色とりどり・・・、個性的です。


画像


金色のZもインパクトがありましたし・・・、左の黒のZ32は、近づくと電子音で英語をしゃべりはじめました。

ナイトライダーみたい・・・


画像


ツーリングの集合場所では、他の個性的な車をみたり、たちまちZ談義がはじまり・・・、止まりません。


画像


今は、高校1年のお兄ちゃんもこんなに幼かったんだなぁ、と思いつつ・・・

画像



フェアレディが、ずらりと並ぶこの光景は、今見ても圧巻、惚れ惚れとします。

画像




時を経た現在・・・
このころのフェアレディたちのうち、何台が残っているのでしょうか。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

よんちゃま!
2011年05月30日 10:16
Z32って いいですよね! まだZ32の頃は「2by2」もあったので 「家族で・・」も可能だし・・・・。 
2011年05月30日 10:35
おはようございます。
思いっきりバブリーな時代の写真でしょうかね。
よんちゃま ! へ (GAKU)
2011年05月30日 11:30
よんちゃま、コメント有り難うございます。
Z32は、今見てもスタイリングいいですよね。
Tバールーフに2by2、我が家のファミリーカーでした…、以前は。小回りが利かずなかなか大変なこともありましたぁ。チャイルドシートも取り付けたよ。狭い荷物室に無理やり自転車積んだり…、今考えるとひどいことしていましたぁ。
としおちゃんへ (GAKU)
2011年05月30日 11:34
としおちゃん、コメント有り難うございます。
このころ、バブル絶頂期は、峠を越えて陰りが出始めていました。Z32は、まさにバブルの申し子的な存在でした。多くの国民が贅沢していたころです。
2011年05月30日 17:57
この頃のスポーツカーってとても華やかだったし、趣味で車を楽しんでいる人も今より多かったのでは?と思います。
今のように燃料代が高騰していなかったのでハイオクを満タンにして思いっきり走り回っていましたね。
2011年05月30日 20:08
Zの32といい、スカRの32といい、日産は32がいちばんデザイン的にはカッコよかったような気がします。
今は…ちょいと無機質?かな。
しかし、これだけ32が集まると壮観ですね。今じゃもう実現不可能でしょうね。
2011年05月30日 20:55
しゃべる車の仕掛けが知りたいですね(^^)i
Zはかっこいいなぁ。車がよくわからない私もそう思います。
2011年05月30日 23:19
そ~言えば
FZで都内でタイムトライアルして
ハム仲間の女性がFZに乗ってて
凄くかっこよかったって思い出した。
若かったころ…私も在りましたわ!
2011年05月31日 22:49
リトラクタブルのZが懐かしい…
気ままさんへ (GAKU)
2011年06月01日 00:11
気ままさん、コメント有り難うございます。
この頃は、スポーツカーを志向する若者も多かったです。RX-7、スープラ、NSX、GT-R等々…
 ハイオクガソリンが、100円/リットルくらいでしたから、ウソみたいですね。
ogaogaさんへ (GAKU)
2011年06月01日 00:18
ogaogaさん、コメント有り難うございます。
スバルを愛車としてご愛用だったのですね。
レガシーでしょうか、その前だったらスバルレオーネがありましたねぇ。レオーネは雪道でも力強く走る四駆セダンでしたね。うちの父親が元気だったころレオーネを借りてドライブに出かけましたよ
 Z32がずらりと並んだ眺めはすごい迫力でした。
今は、残されたツーリングの記録写真でしか見れないです。
さくらこさんへ (GAKU)
2011年06月01日 00:24
さくらこさん、コメント有り難うございます。
このナイトライダーみたいな黒のZ…、しゃべる仕組みはどうなっているのでしょうね。どこかにセンサーが付いているのでしょうが、1m位に人が近づくと「これ以上来るな」みたいな内容の英語をしゃべりましたよ。
ken/南関さんへ (GAKU)
2011年06月01日 00:32
ken/南関さん、コメント有り難うございます。
フェアレディに乗っている若い女性ってメチャメチャカッコ良かったです。これが美人ならたまらないですよ。このオーナーズクラブにも何人かいましたよ。このクラブでZ32のオーナー同士で知り合い、結婚された方もいました。
 うちの家内も若いころは、マイフェアレディに乗っていましたが…、ボコボコとあちこちぶつけて来るので、今はやむを得ない時以外は運転禁止です。
 もう、エアロなどは壊したら部品がないので…。
銀さんへ (GAKU)
2011年06月01日 00:37
銀さん、コメント有り難うございます。
リトラクタブルのフェアレディは、Z31ですねぇ。
写真の白いZ31は、後期型です。
まだ、乗っている方もいらっしゃるでしょうが、街中ではほとんど見かけなくなりました。
会員No2
2011年06月01日 09:25
昨日は沢山アドバイスを頂きありがとうございました

とても楽しかったです(*^_^*)
又、開催しましょう昨日のメンバーで
会員No2さんへ (GAKU)
2011年06月01日 10:25
会員No2さん、ブログへの訪問、コメント有り難うございます。次は、仕事の話もいいけど…、Z談議しますかぁ。
2011年06月09日 00:06
最初の写真、リトラクタブルヘッドライトのZに思わず漫画「よろしくメカドック」を思い出してしまったワタクシ・・・懐かしいなぁ
しかし壮観なZの写真、ゴイスーの一言です
おおかわたいしょう さんへ (GAKU)
2011年06月09日 07:52
おおかわたいしょうさん、コメント有り難うございます。リトラクタブルのフェアレディ、Z31ですねぇ
子供の頃、「サーキットの狼」とかスポーツカーものの単行本漫画が流行っていました。スーパーカーブームもありました。
 車の嗜好も昔とは違い、スポーツカーは今一つ流行りませんね。スポーツカーに乗っている方は、私くらいの中年から年配の方が多いように感じます。
孤高のZおじさん
2011年07月30日 08:26
※懐かしさのあまり、ついでにコメントします。※初めまして、おはようございます。自分は沖縄県出身、男性、年齢34、独身、現在は兵庫県南西部住まい、沖縄県:(国立)琉球大学医学部(医学科)卒業。『人生山あり谷あり』…いろいろと訳ありで【今現在は兵庫県内の各医療施設・福祉機関で働きながら、理学療法士養成学校(PT、Physical-Therapy)☆理学療法[高度専門]士☆国家資格】に社会人学生として、派手なフェアレディZ32でそれぞれ通勤や通学をしています。自分はかなり病的な?キチガイじみた?車好き(趣味が興じて『自動車整備士1級・国家資格』を取得)です。愛車:フェアレディZ32・300ZX・ツインターボ・2by2・Tバールーフ・車にかけた改造費2500万超?です。最近はZ32に乗っている人をあまり見かけなくなりました。予定では、あと30年?はZ32に乗り続ける予定?です。お互いにZ32を大切に乗り続けていきましょう。初コメントで長文失礼しました。失礼します!
孤高のZおじさんへ (GAKU)
2011年07月31日 22:21
ブログへの訪問・コメント誠にありがとうございます。フェアレディは本当に魅力的な車ですよね。しかし、Z32は、いじり出すととてつもなくお金がかかります。ましてや年月を経ると修理代も半端じゃないですから、小市民の我が家では現状維持が精いっぱいです。
 魅力的な車ですが、やはり長年維持できる人は限られてくるのではないかと思います。
理解ある妻のおかげで今も乗らせていただいています。ずっと、ずっと乗り継続けたい愛車ですが、そろそろ部品がなくなりつつあります。
とくに、内装部品は受注オーダーすらままならない状況になりつつあります。
お互いZをこよなく愛する者同士、頑張って維持してゆきましょう。
 ありがとうございました。
孤高のZおじさん
2011年09月25日 14:11
こんにちは!お久しぶりです。7月30日に初コメントした孤高のZおじさんです。あまりドリフト関連には興味がありませんが、友人からの誘いもあって10月2日(日)に備北ハイランド(サーキット場)に行ってきます。…【人生の甘みを存分に味わう】多種多様で複雑な日々の生活には、活動と休息の二つに分けられる。活動の中でも労働はつらい。一方、休息は楽しく快適なものである。誰もが楽しみの時間が減るのは嫌なものだ。ゆえに、活動・労働は迅速かつ正確に、休養・楽しみはのんびりと、をモットーにするのがいい。限られた一生の時間を上手に配分して使える人は、時間の楽しみ方を知る人である。…長文失礼しました。
孤高のZおじさんへ (GAKU)
2011年09月26日 14:17
孤高のZおじさん、コメント有り難うございます。確かに仕事や社会活動で頑張った後は、愛車との時間を堪能したいものです。
 エコカーが主流となりつつある時代ですが…、スポーツカーの持つ走りの醍醐味は、燃費や経費を超える魅力があります。燃費やエコばかり気にするなら「車やめて電車にすればぁ。」と言いたくなる時もあります。
 体がシートに押し付けられる加速感とスポーツカーが発する独特のオーラというか魅力はドライビング自体を楽しむことができます。
まぁ、Z32も年月をかなり経ているのであまり無茶な運転は控えていますが…、古くなってもフェアレディの魅力は衰えません。

この記事へのトラックバック

QRコード