心肺蘇生(CPCR)ガイドライン改定

2010年、AHAにより心肺蘇生術のガイドラインの改定がなされました。
私の勤務する病院でもこれに準拠した形で蘇生手順の変更を周知していかなければなりません。
※ AHA : American Heart Association アメリカ心臓協会

画像




専門的な医療器具を使わない一次救命処置(BLS:Basic Life Support)について言えば、大きな変更点は4つあります。

1.胸部圧迫(心臓マッサージ)から開始する。


2.呼吸の確認 「見て…、聞いて…、感じて…」 の削除


3.胸部圧迫のリズムは、100回/分 以上


4.圧迫強度は、5センチ以上、胸が沈むくらい押す。


上記4点の補足説明をしておきます。

1.胸部圧迫から開始する

(旧) 今までは意識がないと判断し、救急要請をしたあと、軌道の確保を行い、2回の人口呼吸をしてから、胸部圧迫を始めていました。

(新) 救急要請後、正常な呼吸をしていないと判断した時点で、先ず 胸部圧迫から始める ということです。

※ もし、可能であるならば、10秒以内で脈の触知(頸動脈)をおこなって下さい。
  「脈がない」、「脈があるかどうか自信がない」ときは、直ちに胸部圧迫を開始してください。



(改定の理由)

改定後のガイドラインにおいても迅速かつ質の高い絶え間ない胸部圧迫が引き続き強調されています。

人工呼吸から始めることは、処置を行うことをためらう大きな要因の一つであるとともに、気道確保、呼吸の確認はある程度の訓練も必要となる。

更に救急車が到着するまでの間、居合わせた救助者に電話でこれらの手技を指導することが難しく、重要な胸部圧迫の開始が遅れてしまうというのが改定の大きな理由となっている。


2.呼吸の確認 「見て…、聞いて…、感じて…」 の削除

(旧) 救急要請後、気道確保してから、「見て、聞いて、感じて」と呼称しながら10秒以内で呼吸の有無を確認していました。

(新) 傷病者の発見から意識確認を経て救急要請までの間、正常な呼吸をしていないと判断したら、すぐに胸部圧迫に入ります。
「見て・・・」と呼称しながら行う呼吸確認の過程がなくなりました。

(改定の理由)
 一刻も早い胸部圧迫の開始。
 「呼吸確認の方法や人工呼吸をためらうが為に救命処置をしない」という事態、あるいは救命処置の遅れを避ける

(補足) 「正常な呼吸をしていない」とは、どういうことか…

「呼吸を全くしていない」という状態は、たぶん多くの人が認識できる状態であると考えます。
完全に呼吸が止まっている状態では、心臓も全く鼓動していない心静止という状態になっている場合が多いです。
テレビのドラマのワンシーンのようなモニター・フラットっていうやつです。

倒れるところを目撃した場合、迅速かつ適切な救命処置がなされれば、命を取り留める割合はかなり高くなると思われます。そのような場合、直後は意識があったり、意識消失後もしゃくりあげるような呼吸をしていたり、泡をブクブクと吹いていたりしていることがあります。 これを「呼吸をしている」と判断しますか・・・?
これは、私たちが普段している呼吸とは、異なるので即座にAEDと救急要請をした後、救命処置を開始しなければなりません。 
しゃくりあげるような呼吸やシャックリのような呼吸は、明らかに心肺蘇生の対象となります。
また、このような段階では、心臓は痙攣したような状態になっていることが多く、AEDが最も効力を発揮できる段階でもあります。


3.胸部圧迫のリズムは、100回/分 以上

(旧) 100回/分のリズムで胸部圧迫を行う。

(新) 100回/分以上のリズムで胸部圧迫を行う。


(改定の理由)
 研究では、より多くの圧迫を行うと生存率が上昇するとされている。
1分当たりの胸部圧迫の回数は、圧迫リズム、圧迫中断(気道確保、人工呼吸、AED解析など)に影響されるとしている。

4.圧迫強度は、5センチ以上

(旧) 胸郭が4~5センチ沈む程度に圧迫する。

(新) 胸郭が5センチ以上沈むように圧迫する。


(改定の理由)
胸部圧迫は、胸郭の内圧上昇と心臓への直接圧迫による血流をもたらします。
この血流によって心臓と脳に不可欠な酸素とエネルギーが供給される。
従来からの「強く押す」という勧告にもかかわらず、救助者の胸部圧迫が弱い場合が往々にして見受けられるとしている。この度、成人の胸部圧迫の深さに関して単一(5センチ)の最小値を推奨することとなった。


2010年のガイドライン改定で、「先ず、胸部圧迫をおこなう」で救命処置に一般の方々でもとっつきやすくなったのではないでしょうか。

救命処置が、一人でも多くの方々に普及し、処置を施せば助かる命が増えることを心から願います。

CPCRを学ぼう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

としおちゃんへ (GAKU)
2011年01月12日 07:19
としおちやん、早速のコメント有り難うございます。昔と比べて胸部圧迫の重要性が強調され、手技の手順などが簡略化されることで誰でも救命処置が簡単にできる方向へと見直されつつあります。
 しかし、今、稚内ですか。
一面、白銀の世界でしょうね。
2011年01月12日 18:20
ワタクシはお医者さんではありませんが訳あって救急処置の講習を受けに行く機会があります。
AEDでしたっけ
アレも2回ほど講習にいきました・・・
が、いつも思うのはイザ現場に出くわすと出来るのかなーっとの不安感
今回のガイドライン改定でまた講習を受ける機会があると思うので、その時はど素人のワタクシが是非感想を述べたいと思います
まず胸部圧迫覚えておきますっ
2011年01月12日 20:53
心肺蘇生ガイドラインは年々手順が簡単で有効な手技で行えるよう変わっていますね。
それまで人工呼吸と胸部圧迫はセットのようなもので、この二つがあってこそ(狭義の)CPCRだと言われていましたが、今回の改正で胸部圧迫だけも有効ということが革新的だと思いました。
確かに、人が倒れた時に周りにいる一般の人たちが落ち着いて傷病者を手短に的確に観察して人工呼吸して胸部圧迫することは難しいことですね。
でも、今回の改正では手順が簡単になったことでこれまでよりも有効な救命処置が行うことが出来き救命率の向上にもつながると思います。

訪問・コメント有り難うございます。
一次救命の講習を受ける機会があるというのは、素晴らしいことですね。現実の現場を初めて目の前にすると頭が真っ白…というのが当たり前かもしれません。
講習後の感想が楽しみです。
2011年01月12日 22:05
こんばんは。
心肺蘇生、若かりし頃に教習所で習って以来、一度もやったことないです。
でも、ホントは一年に一度は訓練でもして、万が一に備えないといけないんでしょうね。
正直、こんな素人は胸部圧迫の時に5cmも押し込んでいいのか、ためらいますもん。
気ままさんへ (GAKU)
2011年01月12日 22:16
気ままさん、コメント有り難うございます。
前々回の改定(2005年)から胸部圧迫の重要性と質の高さを求める内容になっています。
今回の改定で胸部圧迫から開始することによって一般の人たちにも抵抗なく、やり易くなるなることは大きいですね。
 知識や技術を身につけた医療関係者など(ヘルスケアプロバイダー)に対しては、脈の触知と人工呼吸が推奨されていますねぇ。
ogogaさんへ (GAKU)
2011年01月12日 22:26
ogogaさん、コメント有り難うございます。
30年くらい前は、胸部圧迫と人工呼吸の比率が5対2でしたね。
 自ら進んで消防署に救命講習を受けに行く人は、まだまだ少ないですよね。みんな忙しいし、不景気だもんね。
でも、何らかの形で、機会があれば講習を一人でも多くの人に受講して欲しいです。
2011年01月16日 23:04
 これってもしかして、車の教習所でやったやつかな、、、。
 あ~、また1つ知識がムダに、、、
 でも、改定の理由は納得です。
 たしかに、人の命がかかってると言われても、躊躇なく人口呼吸ができるか って訊かれると、疑問が残ります。
2011年01月16日 23:11
みずさん、訪問・コメント有り難うございます。教習所で習ったことは全く無駄にはならないですよ。いざというとき、胸部圧迫から始めることで躊躇する人が少なくなると思います。
また、いらしてくださいね。
うめこ
2011年01月27日 17:38
いつもありがとうございます
救命処置の講習も受けたことがありますが、今回の改訂でABCじゃなくなったんですね。
訪問看護をしているため
新しい情報に遅れちゃってるので、GAKUさんが教えてくれなければABCしてました。
近々リンクさせて、皆さんに知ってもらえるようにしたいと思います。
宜しくお願いします
うめこさんへ (GAKU)
2011年01月27日 23:49
うめこさん、ご訪問・コメント有り難うございます。訪問看護のお仕事お疲れ様です。
この職種は、同業者といえども診療科目によって経験やスキルが異なるので…、ずっと、何事も勉強ですよねぇ。
 リンクしていただけるということで大変光栄です。有り難うございます。
命と健康を護る仲間として頑張りましょうね。

この記事へのトラックバック

  • 「心肺蘇生(CPCR)ガイドライン改定」について

    Excerpt: 「心肺蘇生(CPCR)ガイドライン改定」について 一昨年、会社からの要請で「衛生管理者」の国家資格を取得しました。幸いにも、その後職場で緊急対応は経験ないですが、イザという時は基本に忠実に処置すると共.. Weblog: B太のブログ racked: 2011-01-13 01:28

QRコード