鉄道掘り出し写真(485系「雷鳥」京都入線)

在りし日の「雷鳥」、京都駅入線の様子です。

画像


雨がふり、線路が光っています。露出アンダー下で望遠レンズ使用し、手振れしています。

後方には、山陰線に急行が入線してきています。 詳細不明ですが、当時、京都発着の急行「白兎」?

このころ、まだボンネット型485系「雷鳥」は文字マークだったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月23日 09:01
JRが発足して20年以上も経つとさすがに国鉄時代からの重鎮485系も次々に定年退職しているようですね。
こちらでも真っ赤な485系が最後の時を迎えようとしています。
2010年12月23日 12:02
気ままさん、コメント有り難うございます。
ここ数年、国鉄時代の車両がすごい勢いでなくなっていますね。寂しい思いばっかりしています。
2010年12月24日 01:39
チラッと写っている、キハ28・58がいいですね~
急行丹後でしょうかね。
としおちゃんへ (GAKU)
2010年12月25日 14:59
としおちゃん、コメント有り難うございます。
後ろのキハ、ちゃんとフレームに入れておけばよかったですねぇ。当時の時刻表なんかがあれば急行の名称がわかるのでしょうが…。
急行「丹後」かもしれませんね。
naotto
2010年12月26日 16:44
485系の雷鳥いまや1編成だとか。新聞に出てました。あとは全部サンダーバードに移行済みだと。
来年3月のダイヤ改正で雷鳥が姿を消すのだそうですね。

話それますが、おまけに私事ですが、年明けに丹後にかにを食べにいきます。そんときタンゴディスカバリーに初乗車です。楽しみです。
再来年は鳥取にしようかな、新型はまかぜで。てっちゃんはウルトラマンって呼んでるのか。
2010年12月26日 17:07
naottoさん、コメント有り難うございます。
子供のころ、飽きるほど走っていた雷鳥も風前の灯です。もうなくなると思えば寂しさを感じます。タンゴディスカバリーもなんだかいつまでもあるような気はしないです。旅程を楽しんできてくださいね。
 新型はまかぜ、性能、乗り心地よさそうですね。煤煙もかなり少なそうだし…。
銀色ペースに赤のラインはウルトラマンをイメージしちゃいます。まあ、ブログ仲間内で言っているだけですが、広まるかもね。
個人的には、やっぱり、「はまかぜ」っていう看板とデザインを正面に掲げて走ってほしいです。サンダーバード、スーパーはくと といえマークがないのはやはり寂しいです。

この記事へのトラックバック

QRコード