寝台特急、哀愁の旅情「日本海」

夕闇に向かって旅立ってゆく寝台特急には、
どこか物悲しげな、乗せている人々の秘めた人生を運んでゆく、
哀愁を帯びたイメージが私にはあります。

画像


特に北陸路をゆくブルートレイン「日本海」には、そんなオーラを感じます。

2010年6月27日、研修出張の帰り大阪駅を通りました。
たぶん、「日本海」の旅立ちを見ることが出来るだろうと、朝の出発前にそっとカメラをカバンにしのばせました。

1枚目の写真、こんな旅雑誌の表紙のようなショットを撮ってみたかったんです。

ブログ・フレンドの旅館さんの『583系「きたぐに」の雄姿』に影響されたアングルです。

画像


17時47分、大阪駅始発の「日本海」が10番線に入線してきました。

目指すは、北日本の果て  青森 まで夜を徹して日本海沿岸を縦貫します。

画像



ブルーに統一された洗練された編成は、いつ見てもいいものです。

画像


それぞれの夢・・・、人生をのせて・・・、遥か北の果てへ向けて始発駅をあとにします。
画像




その他、今日の出張前後の撮り鉄・・・

新型車両への置き換えが危ぶまれる・・・、キハ181系「はまかぜ」

画像




日本海入線の少し前にやって来た「サンダーバード」
今や北陸線の主力特急列車です。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月28日 08:33
いや~懐かしい雄姿ですね~
若かりし頃結構乗ったものです。
高知以外はすべての県を制覇してますからね~
九州地方はブルトレが無くなって淋しいです。
何かしらほっとしました。(笑)
2010年06月28日 10:49
ken/南関さん、コメントありがとうございます。東京発のブルートレインが全廃されて久しいですね。「日本海」は関西で唯一見られる貴重な存在です。何ともいえない寝台特急でしか味わえない旅情をいつまでも残して欲しいです。
2010年06月28日 12:51
ブルーのブルートレンインが「日本海」でしか大阪駅で見られないとは、寂しい限りです。
2010年06月28日 19:35
仕事序でに撮り鉄が出来るのと昔からのブルートレインが現役であるのがとても羨ましいです。
九州からブルトレが全滅した今ではリバイバル運転の時しか見られない光景です。
やはりブルトレは昼行列車とは違う風情がありますね。
2010年06月29日 00:59
としおちゃん、コメントありがとうございます。「日本海」は、ホントに貴重なブルートレインですね。少しでもこのブルートレインの雄姿を記録しておきたいですね。
2010年06月29日 01:05
気ままさん、コメントありがとうございます。
九州は、国鉄時代の面影を残す車両がまだまだ活躍していますが、ブルトレ全廃がなんとも悔しいですね。
 夜行列車の旅立ちの旅情を何とか今後も残して欲しいものです。
2010年06月29日 18:47
ご無沙汰をしております。
貴重な寝台特急日本海。密かに着々と記録されておりますね。このアングル、私はまだ未撮影です。夜行列車の旅立ちは独特の雰囲気がありますね。撮影に行くと思わず飛び乗ってしまいたい衝動にかられます…。
2010年06月29日 20:51
旅館さん、コメントを頂きありがとうございます。旅館さんの『583系「きたぐに」の雄姿』を見てから、こんな写真を撮ってみたいなぁ、とずっと思っていました。車両全体を入れるとありふれた写真にしかならないのですが、このアングルは不思議と臨場感が良く出て、なぜか迫力があります。見飽きないのは、写真に入りきらない部分を無意識のうちに脳が補間してイメージが膨らむからなのでしょうか?
 まぁ、どうであれこのアングルの撮影は初めてでわたしの中では、画期的な1枚になりました。(ちょっと大袈裟か?)
お気に入りの一枚になりました。

この記事へのトラックバック

QRコード