パートナーに椅子をさし出す・・・

結婚式の祝辞で頂いた言葉で忘れられないものがあります。

「パートナーに椅子をさし出す」 という言葉です。

画像



もう、結婚してから17年目になります。山あり谷あり・・・ですが。

夫婦喧嘩をする時って、

     お互いが疲れているとき、

     気持ちの余裕のないとき、

     ゆっくり休ませて欲しいときに、一方的に責められると怒りたくなってしまう、
     パートナーからの責めは、あるべき姿の期待の裏返し?・・・
     冷静に話し合えば、分かることなのにどちらかが怒ってしまえば喧嘩になり、溝が深まる。

自分が疲れているとき、怒りたくなりそうな時、

   自分が座りたい椅子をパートナーに差出して、冷静に話を聞いてみる、怒りたいけど優しい言葉をかけてみる。

そうすれば、理解しあい、相手も爆発しそうな気持ちをやわらげ、力を合わせられる。

そういう姿勢をお互いに持とうという祝辞でした。

 結婚生活も年月を経れば、お互い嫌なところも見えるし・・・、疲れていたり、怒りたいときもある。

でも、ふと・・・「自分も癒されたいけど、先ずパートナーに優しい言葉の椅子を差し出してみる・・・」ということが頭に浮かび、喧嘩にならずに済むことがあります。
 意見の言い合いや口論もあるけど、軽症で済むこともあるでしょうね。

いくら、好き同士でも、最初から何もかも完璧なパートナーなどいません。
そして、自分もそうです。

色々な経験や困難に当たりながら、お互いが互いを高めあって、一緒に良くなって行きたいものです。

意見や方法、考え方は、異なることも多々あるけれど、「みんな家族や自分の成長の為に一生懸命頑張っている」、先ずそれを理解したいものです。

 まぁ、この記事を書きながら、私自身にも自分で言いきかせている。

結婚する方が、身近にいると、いつか昔の自分達を思い出し、そのときに頂いた言葉が思い出されます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月20日 10:31
おはようございます。
結婚は我慢大会とかよく言いますよね。私は辛抱強くないので無理です(爆)
2010年04月20日 17:38
「パートナーに椅子をさし出す」・・・いい言葉ですね。
2010年04月20日 18:58
いい言葉ですね
昨年結婚した息子夫婦に教えてあげねば
我が家も1週間に5度は…って毎日かな~?
いまさらですが心がけたい言葉ですね。
2010年04月20日 21:27
としおちゃん、こんばんは。コメントありがとうございます。今は、離婚の多い時代ですね。我慢が足りないのか…?、身勝手なのか・・・。何かにつけて大変な時代ですねぇ。
2010年04月20日 21:34
気ままさん、いつもコメントありがとうございます。いつも良い言葉の通りいくわけでもないのですが、できるだけ理想に近づける努力が大切だなぁと思います。
2010年04月20日 21:41
ken/南関さん、コメントを頂きありがとうございます。
 相手に「こうあってほしい」、「こうあるべきだ」みたいな思いが多くを求めてしまうのでしょうか?
 いつも心に余裕を持ち、相手を思いやる気持ちを持ちたいものです。
2010年04月21日 13:23
GAKUさん、結婚17年ですか~。すごい。
私はケンカすることはどうしても嫌いなので、我慢してしまい、やがて気持ちが爆発してしまい何もかもイヤになってしまうことがよくあります。。
2010年04月22日 11:04
さくらこさん、いつもコメントありがとうございます。事を波風立てずに穏便に丸く収めるために我慢してしまうことって、私も良くあります。こっちは結構、我慢の限界に来てるのに相手には、全然伝わっていないことがあります。仕事やプライベート、子供・・・など色々な場面において。
 落ち着いて冷静に相手に「嫌だ」「こうあるべきじゃないの?」「悲しい」など伝えることって大事だなぁ、と思うことがあります。でも、時には感情を表出することもいいんじゃないかって思います。人間だからねぇ。
2010年04月22日 11:04
こんにちは^^
結婚て難しいですね~
お互い優しさ、感謝の気持ちを忘れずにしたいです。そこから心にも余裕が出てくるような気がします。
2010年04月22日 14:08
みらいさん、コメントありがとうございます。「お互いへの優しさ、感謝の気持ち」、ホントにこれが基本なのでしょうね。
 いつもやってもらっていることがアタリマエに知らず知らずのうちになっていることがあります。
 みらいさんのおっしゃる通り、心に余裕がないときに互いに責め合ったりすることが多いです。ほんと、そんな時こそ、ちょっと思い留まり・・・、「パートナーに心の椅子を差し出してみる」なのでしょうね。
あさかぜ
2010年04月27日 07:42
「椅子を差し出す」、いい言葉ですね。結婚相手だけでなく 周りの全ての人に対して そうありたいと思います。
2010年04月27日 17:41
あさかぜさん、いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
 そうですね。自分に接する多くの人々にそうありたいものです。
以前、「自分に接する人々を明るく幸せにする存在であれ」という記事を書きましたがそういう人でありたいと思います。

この記事へのトラックバック

QRコード