鉄道掘り出し写真(583系「なは」)

電車寝台特急(583系)時代の「なは」です。

画像


もう、一枚・・・。

画像


バカチョン・カメラなのでシャッタースピードの調節ができず、画像は悪いです。



こちらは、2008年、「あかつき」との併結運転の「なは」

画像



最後尾の電源車(カニ24)の飾り帯の位置が・・・。

ひどいなぁ。

正しい飾り帯の位置は、この写真。

画像



過去の記事

鉄道掘り出し写真(寝台特急「なは」)

鉄道掘り出し写真(さよなら寝台特急「あかつき」)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年03月02日 11:53
電源車好きとしては、JRの仕業は納得いかないです。カニ24-0の飾り帯を下に取り付けたり、雨樋を取り付けたり、白帯にしたりで、編成に統一感がないですよね。

まるで雑客みたいです。
白帯なら白帯で、揃えれば良いと思うのですが・・・。
2010年03月02日 12:57
早速のコメント有難うございます。
ブルートレインの衰退が始まった頃から、編成に個別性が出始めました。「出雲」は金帯の編成とか、廃止と縮小に伴い今まで単独運転列車の併合・・・などで列車ごとに個別性を計ったものが入り混じり始めました。更に廃止になった列車の車両を流用しはじめたため、編成に統一性がなくなってきたのでしょうね。
 しかし、北斗星や日本海など正統派ブルートレインがまだ残っていること自体を良しとしなければならないのでしょうか。
2010年03月02日 19:40
「なは」というとブルートレインの「はな」を連想しがちですが、電車特急の「なは」も存在してましたね。
バカチョンカメラとはいえ、よく撮れていると思います。
2010年03月02日 20:40
こんばんは~
「なは」は24系より、583(581)系のイメージがやっぱり強いですね。オッサン世代…。
2010年03月02日 21:02
沖縄返還当時、ボンネット型の昼間長距離特急として登場した「なは」ですが、その後、電車寝台特急(583系)として国鉄時代末期まで活躍しましたね。ブルトレになったのはJRになってからでしたかね。
 一枚目の写真は、流し撮りのような感じで撮ったのでテール以外の景色が流れたようになっていますぅ。
2010年03月02日 21:06
「なは」は583系時代が長かったからねぇ。
でも、久々に撮り鉄を再開して583系で来ると思っていた列車がヘッドマーク付きのブルトレに変身して山崎のカーブに現れたときは本当にビックリしました。
2010年03月12日 23:12
子供の頃 「なは」ではないのですが、583系の夜行「明星」に乗ったことがあります。
運よくパンタグラフの下の2段目だったので 天井が広かったです。これが3段式の中央部となると・・今じゃとても寝れたものではありません。でも 急行「きたぐに」で今も寝台として走っているのですね。すばらしい!
2010年03月13日 00:38
コメント有難うございます。
583系「明星」といえば、ブルトレ全盛期ですね。寝台列車の旅、イメージするだけで心がワクワクします。本日、ブルトレ「北陸」がラストランですね。また、一つ寝台特急の定期運行がなくなります。時代の流れとはいえ・・・、本当に寂しいことです。
583系「きたぐに」頑張ってほしいですが、
時間の問題でしょうね。
ちろ
2011年07月10日 14:24
はじめまして
いつもトラックバックをして頂き
ありがとうございます。
80年代の貴重な写真がたくさんありますね。
これからも宜しくお願いします。
ちろさんへ
2011年07月10日 15:53
ちろさん、ブログへの訪問、コメント有り難うございます。この頃の写真をよそのブログで見るとついつい見入ってしまいます。
たくさん、トラックバックをして恐縮です。

この記事へのトラックバック

QRコード