兄妹そろって英検受験 Part2 ----> そろって2次面接も合格

ちょうど、昨年の今頃(2009年2月)、子供達は、そろって英検3級を受験。

そろって合格したのでかなりビックリしたのだが・・・。

今回もダメもとで、準2級を先日受けた。

お兄ちゃん(現、中学2年)は、高校の英語強化クラスへ入るための条件にもなっている。

中学の間に何とか取得できれば、将来の選択肢も広がるので取っておきたいところだ。

でも、英語塾の先生には、「僕は、海外で働くのは向いてないから、高校の語学強化クラスには行かない」と言っていたのであかんのかなぁ、と思っていました。

そう言いながらも・・・、  一次合格 (筆記とリスニング)

妹の長女(小学校5年)は、さすがに今度は、無理だろうと思っていたが

なんと、合格最低点のギリギリで 一次合格・・・

昨年につづき、そろって一次試験をクリアした。

二次試験の面接が待っている。

しかし、我が家の子供達、がんばってるなぁ。

小さい頃から、英語の習い事と海外旅行の経験が影響しているのかもしれない。

お兄ちゃんについては、小学校時代のオーストラリア・ホームステイがいい影響を与えたのだろう。

ホストファミリー(海外学生の受け入れ)記事


2010年3月1日 追記

2次面接もそろってクリアできました。

お兄ちゃんは、2次試験…、合格最低点ちょうど ぎりぎり、またしても いい味 出しています。
娘は、余裕・・・、逆じゃないの???

ともあれ、英検 準2級 合格

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年02月13日 22:40
いま、札幌ですか。遅れながらも豪華寝台特急カシオペアは無事に着いたのですねぇ。
北海道の寒さはさぞかし身に堪えるでしょうね。
 私の方は、また子供達の頑張りぶりに熱くなって親バカな記事をひとつ増やしてしまいました。反省、反省…
でも、書かずにはいられない…
2010年02月13日 23:11
英検なんて懐かしいですね・・・
日本人って英語を学校で習っている割には全然しゃべることができず、中学や高校で習う英語は受験のため(受験英語)だけにあるような気がしてなりません。
せめて簡単な聞き取りが出来るよう、受験英語ではなく生の英語を教えてもらえれば・・・と思いますね。
2010年02月13日 23:57
コメント有難うございます。
ホントに日本の英語教育は、気ままさんのおっしゃるとおりだと思います。最近ではネイティブの先生がいたり、英会話の機会が多少なりともあったりで私たちが学生の頃よりは幾分マシになっているようです。
 英語を習い始めるのは、やはり小学校ぐらいから始めたほうが良いように思いますし、海外旅行やホームステイは、勉強のための英語ではなく、コミュニケーションの手段としての英語の必要性を実感させてくれます。それに気付いたときから英語に対する姿勢が変わるように思うのです。
2010年02月13日 23:59
中学生で準2級一次通過とは・・。すごい!
私も英語が好きで、二十歳の時ホームステイをした経験があります。でも下手の横好きってヤツでして・・・試験はまったくダメでした。
2010年02月14日 00:14
早速のコメントありがとうございます。
中学2年のお兄ちゃんも頑張ったけど・・・
小学5年生の長女が準2級1次合格には本当にビックリでした。ちょっとオッチョコなお兄ちゃんには負けたくないという意地が彼女にはあるのでしょう…、きっと。

この記事へのトラックバック

QRコード