「誰がおまえに期待なんかしてんねん!アホか!」 (ある先輩看護師の洗礼)

ある優秀な新人看護師が、ある程度業務もこなし、夜勤にも慣れてきた頃・・・。
プリセプターでもある先輩看護師に言う
「だいぶん仕事できるようになってきましたか、先輩から見てどうですか。」と・・・。

仕事にも慣れ、一応、一通りのことが出来るようになったころ、まわりの同僚や先輩、所属長がどの様に評価し、期待してくれているのか、というのは非常に気になるところです。

まぁ、新人にしてみれば、ごく自然な感情というか心情というか・・・。
 上司や先輩、同僚に認められたいと思うのは、誰もが持つ当然の感情だと思うのです。

先輩看護師の返答は・・・、

「今、なんて言った? 仕事ができるのは当たり前やろ。

褒めてもらえるとでも思ってんのか。

お前はいったい何を考えて仕事をしてんねん?

どこを 見て仕事をしてんねん?

俺がお前に期待してるとでも思ってんのか?アホか? 

お前なんかに全く誰も期待してない。

自分の役割を果たして、一日の業務をきれいに回して、次の勤務帯に引き継いでいくだけや・・・、

お前の事なんか誰も見てないわ、バカヤロー」




よい返事が返ってくると思った新人は、半泣き・・・。

そばで聞いていた私も・・・、いつも朗らかな先輩看護師の厳しい指導にショックを受けながら、なんとクールな考え方なのか…、と感じました。

そのあと先輩看護師は私に「ちょっと、言いすぎたかなぁ。フォローしといて」といいました。

「自分の役割を果たして、一日の業務をきれいに回す」

これは、一見、機械的に淡々と業務をこなして、感情もはさまず、冷たい感じを印象付けます。

しかし、仕事に対する姿勢に思わぬ変革をもたらします。

私が直接、言われたわけではないけれど、この言葉を意識して仕事をしてみると次のようなことを実感することができるのです。

1.無理な背伸びをしないので気持ちが楽になる。
 上司や同僚の評価ばかりを気にして動くことは、心理的にも負担がかかり気持ちがしんどいものです。
また、人によって物の見方も異なるので自分の考えを持っていないと振り回されることになります。

2.援助の対象(患者)に真っ直ぐ向き合える
 評価を気にしない分、患者さんと向き会えます
 「また、失禁して…」と叱っても仕方ない患者に大声で言っているスタッフを見かけることがあります。患者に言っているのではなく、自分がこれからやることをいちいち同僚や上司にアピールしているのだなぁ、と思えるような人もいます。たぶん、自分では気付いていない。

3.冷静な視点で物事を見ることができる。
 「仕事ができると思われたい」という思いが強すぎると2人必要な援助を一人でやろうとして逆に患者さんに負担をかけてしまったり、男性が対応するより女性の方がこの場合はいい・・・、とか。患者さんのための援助という視点からずれたり、思わぬ事故やトラブルを招いてしまうこともあります。

4.チームの一員として有効に機能できる。
自分がやり忘れていたことを他のスタッフがやっていると、「すいません」といいながら、その場にずっとくっついている。その場は任せて別のことをやればいいのに。
「ありがとう、○○がまだやから、やっておきます。」みたいな感じで動ければいいのにねぇ。
一日をスムーズに回すことを念頭に動けば、やることはいくらでもあるはずである。



「自分のことをよく思われたい」、「認めてもらいたい」、「期待されたい」という気持ちは誰にでもあり、そう思うことは自然であり、悪いことではありません。むしろモチベーションをあげるために必要なことかもしれません。

 しかし、仕事の中でそれを意識しすぎると視点がずれてくることがあるということです。
自分への評価や上司や先輩の顔色ばかりを見て仕事をすることを戒めた指導です
「甘え」の一端なのかもしれません。


この後輩への指導、非常に厳しいものだと感じましたが、深い…。

もしかして、後輩を叱りながらも私にも言っていたのかも・・・。
もしかして、「先輩とはこういうものだ」と私におしえてくれたのか・・・。

このような指導が誰にでも通用するとは、思えないですが、

この後輩は、それを受けて成長できる「期待の人材」なのかもしれません。

評価は、勝手にあとからついてくる・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年10月30日 03:13
こんばんは~♪
それは新人さんにはキツく感じたかもしれませんね。
でも私も先輩さんのおっしゃることは、解りますね。
実は多くの人の心の中には認めてもらいたいという
気持ちがありますが、実は既に認められている場合が
多いのですね。
認められない人はその職場で働かせてもらうことも
できません。だから彼は既に認められているのでしょう。
その上、褒められたいというから何ぃ?となるんでしょう。
2009年10月30日 19:19
私は、20年以上同じ仕事やってますが、未だにチョンボやらかします(汗;
2009年10月30日 22:09
ちぬぅさん、いつもコメント有難うございます。これは、なかなか感動のやり取りでしたねぇ。細かなことをいちいち注意するのとは違い、そばで聞いていた私も、足元から「甘ったれ心」を根こそぎひっくり返されたような感じを受けました。
2009年10月30日 22:14
としおちゃん、コメントいつも有難うございます。仕事とは、お金をもらってやっているから、やはり厳しいものですよねぇ。
 私もチョンボ…、たまにありますけど、人に偉そうにいえるものではないなぁと感じるときがありますねぇ。
GETU
2009年10月31日 11:41
はじめましてGAKUさん。私もまだまだナースとして駆け出しばかりで先輩や上司からどのように評価されているかなどわかりません。しかし一つ言えることは出来ることは出来て当たり前であり出来ないことやわからないことのほうが圧倒的に多くあることだと思います。満足せず貪欲に向上する意欲と負けない気持ちで前進して行きたいものですね。
GAKU
2009年10月31日 18:08
GETUさん、ようこそ。ブログ訪問、コメントありがとうございます。
時には凹んだり、家庭のことも色々とあるでしょうし、いつもベストな状態とはいきませんが、気持ちを前向きに持って前進したいものですねぇ。またのお越しをお待ちしています。
2009年11月01日 09:38
「自分の役割を果たして、一日の業務をきれいに回す」これが何よりも一番大事なことだと思います。
自分も看護師免許取り立ての時に大先輩から同じようなことを言われました。
独り立ちしていい気になる人が多いけど、一日の業務をキレイに全うし次の勤務者にバトンタッチできることが大事だと・・・

ちなみに自分は、自分の評価など気にしたことがありません。それを気にしたら気に病んでしまいそうなので・・・
2009年11月01日 15:53
気ままさん、いつもコメント有難うございます。そうですねぇ。自分がどう思われているかなんて気にしながら仕事してたら気に病んでしまうかもしれませんね。見方も違うし考え方もそれぞれ違いがありますから・・・
2009年11月01日 22:05
GAKUさんの分析どおりだなぁ・・と、自分の新人時代を思い出しました。新人の頃はとにかく、自分が回りからどう見られているかが気になってしかたありませんでしたから。自分ってナースになっちゃいけなかったのか?と思うほど先輩にケチョンケチョンにやっつけられましたからね・・。
今は気にならないですけど。。ずうずうしくなったのかな?(成長したと思いたいです^^)
2009年11月02日 13:06
さくらこさん、コメントありがとうございます。ナースに限らず、このようなことは他の職種でも多少なりともあるのでしょうね。
 たぶん、社会人1年生は、「早く一人前になりたい」、「認められる存在になりたい」という気持ちが強いので、誰もが通る道なのでしょうねぇ、わたしも昔は、そうだったのでしょう。いや、今も時には、そうなのかもしれません。

この記事へのトラックバック

QRコード