鉄道掘り出し写真(急行「雲仙・西海」)

国鉄からJRへの過渡期に廃止になった急行「雲仙・西海」です。
大阪と九州を結ぶ夜行座席急行です。

画像


列車名の表示は、ヘッドマークやテールマークがないので、車両の側面にあるカードしかなかったです。
画像


目立たない地味な急行列車でしたが、昔からある名物急行列車だったらしく、廃止のときはホームはかなりの人だかりができていました。
 この列車のラストはテレビニュースにもなりました。

画像


EF58は、次々とEF65P型におきかえられ、この急行も牽引機がかわりました。
画像


画像


その後、長距離急行列車のみならず、東京発のブルートレインにまで効率化の波は押し寄せます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年09月19日 20:52
座席急行の「雲仙・西海」ありましたね・・・
ブルトレも含めこのような列車が無くなったのも自家用車・高速道路や航空機の普及などがあったからでしょうね。
これから高速道路無料化が現実化するとますます鉄道の需要が低迷しダイヤが薄くなったり廃止になる列車も多くなりそうですね。
高速道路の無料化は他の交通機関にとんでもない大打撃をあたえますし税金の無駄遣いそのもの・・・
通行料の値下げは有りとしても無料化は白紙撤回すべきだと思います。
2009年09月19日 22:20
急行「雲仙・西海」の現役時代は意識して見たことが無いのですが 14系の座席夜行は昔、臨時特急「あかつき81号」などでお世話になりました。シートが簡易リクライニングで席を立ったらすぐ倒していた背もたれが元に戻るという 寝にくいシートでした。

このころはゴロゴロいたEF58
旅客用の機関車らしく 発進時のショックはすごく滑らかでした(運転手さんにもよるけど)
GAKU
2009年09月19日 23:00
気ままさん、こんばんは。
早速のコメントありがとうございます。
高速道路の利用拡大が今後、顕著になってくるでしようね。在来線の旅客列車は減る一方かもしれませんね。
GAKU
2009年09月19日 23:19
しゅうさん、コメントありがとうございます。
「あかつき」や「金星」の臨時特急ありましたねぇ。今は、客車車両自体が激減していて、そんな編成もなかなか組めないのではないでしょうか。
 EF58の61号機(茶色のお召し用)は、まだ現役なのでしょうかねぇ。
2009年09月20日 19:11
わ~、懐かしいです。
九州ワイド買って、「雲仙・西海や阿蘇・きにさき」に、乗りましたよ~♪
2009年09月20日 19:49
としおちゃん、どうも…。
ワイド周遊券便利でしたねぇ。
急行は確か別料金なしでのれましたね。
チャレンジ2万キロとか、面白い企画もあったねぇ。んっ~っ、「阿蘇・くにさき」の記録写真残ってないなぁ。
2009年09月29日 19:03
14系座席とEF58のコラボが国鉄末期ですね~。
確か荷物車も連結されてたような写真を古い雑誌で見たことがあります。こんな列車が今でも運行してくれていたら、ワクワクしますね。
関西と九州を結ぶ、夜行急行の最後の姿を見せて頂きちょっぴり感動しちゃいました。
2009年09月30日 00:32
旅館さん、いつもコメント有難うございます。
この手の夜行急行には、荷物者や郵便車が連結されていましたね。当時、荷物者などは全くのノーマーク車両でした。というか小中学生の私には「なんでこんな汚い車両つけてんねん」と逆に邪魔者扱いでした。
 写真の最後尾・・・、荷物車だったか、そうでなかったか???、遥か記憶の彼方ですぅ。

この記事へのトラックバック

QRコード