天空のキャンパス、APU見学

2009年7月20日、大学のオープンキャンパス見学に遥々、九州の大分県にやってきました。
長男が通う学校の保護者会主催で格安ツアーです。

見学する大学は、APU(立命館アジア太平洋大学)

Asia Pacific Universityです。

画像


この大学の一番の特徴は、・・・

世界中から学生が集まる多文化・多言語環境で様々な価値観の異なる友と出会い、共に学び生活し平和な未来を創造する人材を育成する

ということでしょう。

世界87カ国・地域から集まる学生たち約2800名は、全体の学生数の46%を占めます。
残り3300名余りが日本人学生です。

このキャンパスは、山の上に位置し、通称「天空のキャンパス」と言われています

画像

写真のように、キャンパスからは、雲海が望めます。

この山のふもとは、温泉の地、別府です。 学生達は、キャンパスから離れた街を下界と呼んでいるそうです。
別府の人々もここの学生をとても温かい目で見てくれているようです。

ここで学ぶ学生達は、とても生き生きとしていて、それぞれに大きな夢と強い意志を持っているように感じました。

・国連で働きたい
・「日本人の働き方」を発展途上国に広めるNGOを立ち上げたい
・母国ベトナムに帰って、貧しい子供達が学べる学校をつくりたい。
・日本の企業に就職して母国との架け橋になりたい
など・・・。

学生達は、目を輝かせながら、迷わず夢を語ってくれる。心から「がんばれ」って応援したくなります。

画像


キャンパスを見学する前に学長 Monte CASSIM(モンテ・カセム)さんと保護者の対談がありました。
非常に流暢な日本語を話されます。ありきたりの大学の説明かと思いきや保護者からの質問にも熱心にお答え頂き、これからの世界の中の日本の役割や世界を担う学生達の姿について熱く語って下さいました。
30分の予定が1時間にも及び、対談が止まらない、という状態でした。

画像

地域の高校生達も下界から、オープンキャンパスにやってきました。

画像

これは、公開講義。
外国人講師が経済・流通に関する講義を行っています。もちろん英語で・・・。

長男の通う学校でついこの春まで現役だった校長先生とキャンパスを回ります。
「名の通った有名大学を出て一流企業へと安泰を求め行く学生が多い中、意思を持ってここに冒険に来たという、もうそれだけでこの子達は成功なんだよ」と・・・(元)校長は言います。

黄色いお揃いのTシャツを着た、自ら案内役をかってでた学生達が汗だくになりながら、キャンパスを案内してくれる姿を見ると・・・、校長先生の言っていることは本当なのかもしれない。国籍は関係なく、「この子達が世界を支えていくんだなぁ」と思います。

キャンパスから少し離れた場所に学生寮があり、1年間、大学の敷地内にあるこの寮で世界の学生達と共に生活します。
画像



雲が晴れると、別府の町と海が綺麗に見えます。

画像


大学のホームページは、こちら ---> 立命館アジア太平洋大学

戻る---> APUオープンキャンパスと由布院の旅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • APUオープンキャンパスと癒しの由布院の旅

    Excerpt: 2009年7月20日~22日、生まれて2度目の九州に行ってきました。 長男の学校の保護者会が主催する保護者向けの学校見学ツアーです。 温泉地や観光もあります。(実は、こちらがお目当てだったりして・.. Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2009-07-27 12:29
  • 2013 APU(アジア太平洋大学)見学ツアー

    Excerpt: 今年も恒例の保護者を対象としたアジア太平洋大学の見学ツアーに行ってきました。 立命館の付属校である保護者にも大学を見ていただいて理解を深め、子供たちの進路選択の一つとして考慮いただく趣旨です。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2013-07-20 12:12

QRコード