クワガタ採集27 (ギャーッ、60ミリのヒラタクワガタ採取)

2009年6月13日(土)、近畿地方も梅雨入り、どんよりと曇っているが湿気がありかなり暑い。
夜勤明けで少々身体がだるい・・・。

画像


 家内に職場の人を連れて採集に行くことを了解してもらった。
しかし、夜勤明けというのに課題が課せられた。庭の草抜きと夕食の準備・・・、その間に子供達の送迎などをこなす。
日没後の出発時に既にヘロヘロ、
とりあえず、道に面した樹液ポイントへ車で急ぐ、ここは日没後早い者勝ちの争奪戦ポイントです。
幸先よく、ヒラタクワガタをゲット。
ポイント周辺の小川付近には、ゲンジボタルが乱舞しており幻想的な雰囲気である。
周辺のポイントを歩いてまわり、コクワやスジクワガタなど数匹を採取。

自宅周辺までもどり、マイポイントへ・・・。
今シーズン、初めてハイキングコースの山中のポイントへ足を踏み入れる。
山の入り口付近で藪の中をザクザクと動物が走り回っている・・・、イノシシです。
一人なら、怖気づいて引き返すところだが・・・、あまり刺激しすぎないようにゆっくりと山中へ進む。
30メートル前方の林道を親の後につづき、子供のイノシシが3匹横切った。そして後方でもヤブを駆け抜ける音がした。これで山の方へ帰っていったので一安心です。
同伴の人は、藪の中を駆け回るイノシシにかなりビビッた様子でしたが、樹液ポイントでは結構採れたので楽しく採集できました。

つぎに、大物ポイントへ移動。
毎回、高い位置の大物を指をくわえて見ていたが、今日はプランターの長い支柱の先に必殺道具を結びつけて望んだ。
 到着後、いつも樹洞にいる大物が樹液の流れでている樹皮の下まで出てきていた。
もしかしたら、オオクワガタかと思っていたが、大型のヒラタクワガタだ。
それぞれに「おおっ」と感嘆の声をあげた。
3メートル程の上の樹皮の下に道具を入れ格闘すること10分・・・。
「ボトッ」と凄い音で落ちてきた。

23:30分、このポイントで本日の採集を終了としました。

画像



いゃ~っ、楽しかった。

帰宅後、大型ヒラタを計測、 60ミリ、ちょうど。
画像

迫力、ありすぎです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年06月15日 09:54
クワガタ採りに山に入ると実にいろんな動物たちに遭遇しますね・・・・
自分もクワガタ採りに行くと、目的のクワちゃんではなくヘビにムカデに遭遇し冷や汗をかいた挙げ句、野ザルの集団と鉢合わせになり睨み合いをする羽目になったことがあります。
その時は、命からがら・・・といった感じですが今では子供の頃のいい想い出です。
2009年06月15日 12:42
気ままさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
 山で動物に遭遇するのは、ちょっと恐いですね。狐や狸ならまだしも・・・
イノシシや猿は、身の危険を感じます。
近畿地方のある地域では、アライグマが野生化しているところがあります。
あらいぐま「ラスカル」(昔、放映していたアニメ)を知っているとカワイイって思うのですが、かなり凶暴でこわいらしいです。
 しかし、野ザルは、こわいねぇ。
命からがら、という言葉よく分かります。
2009年06月16日 08:41
野生のアライグマがいるなんて!それからサルまで。山ですから何でもありかな・・とは思いますがこれだけ都市化されていても いるところにはいるんですね。
2009年06月16日 20:21
さくらこさん、こんばんは。
このアライグマは、もともと飼育されているものが逃げたのか、捨てられたのか分かりませんが、山すその民家などにも出没して、年間、何十頭も市の職員に捕獲されているのですよ。

この記事へのトラックバック

  • クワガタ採集35 (大型ヒラタクワガタ 自己記録更新の62mm)

    Excerpt: いそがしい、合間を縫って・・・、今シーズンのマイポイントの状態を確認しにフィールドに出ました。 やっぱり、山の空気は美味しいなぁ。森林浴で心も洗われます。 6月初めは、大型のヒラタクワガタが狙える.. Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2011-06-10 00:52

QRコード