箕面クワガタ探検隊 5月の例会

久しぶりに探検隊の例会に参加して来ました。
今日のテーマは
「オオクワガタの産卵セット作りと秘密の採集道具作り」
会員のみなさんは、前回、隊長に指示された必要物品をもって集合です。

画像


みんな上手くできたかなぁ
産卵セットの作り方は、前出記事の オオクワガタを育てよう を参照してね

セット作りが終了し、スタッフ達が手塩に掛けて育てたオオクワガタをペアで有償配布
画像


これでオオクワガタのブリードに挑戦だ。 幼虫採れるかなぁ。

産卵セットの作成後、クワガタ採集必携の小道具の作成です。
隊長からクワガタの性質を教えてもらい、その性質を上手く利用して道具の使い方を教わります。

つぎの例会は、野外で樹液レストランの観察と小道具を使ったクワガタ採集に挑戦です。
がんばれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年05月10日 23:04
今年もカブちゃん&クワちゃんの季節になりましたね。
最近では、天然のは、幼虫の時に餌になる堆肥が少なくなってきたので小型化していると聞いたことがあります。
大きいヤツを手に入れようと思うなら、自分で育てるのもその手の一つかもしれませんね。
2009年05月10日 23:56
気ままさん、コメント有難うございます。
今年も採集シーズン到来です。
最近は堆肥だめが少なくなってきたようにおもいますね。
 昔のように薪や炭も需要がほとんどないので台場クヌギは減る一方で手入れもされなくなり、オオクワガタの住家も少ないですねぇ。
今、オオクワガタが生息する地域もドンドン開発が進み山が削られています。
昔はたくさん採れたポイントも年々採取できる数が減っているように感じますねぇ

この記事へのトラックバック

QRコード