クワガタ採集23 (2009年クワガタ初確認)

5月9日、暑い日にはクワガタの成虫の初採集ができる時期です。
昨日は、マイポイントの確認、そして新ポイントの開拓にハイキングがてらでかけました。
新ポイントの開拓では、クヌギ林は見つかるものの樹液痕のある木やめくれのある木は、なかなか見つかりません。
 険しい林道を奥へ入ったところで見込みのありそうな台場クヌギを見つけました。
ハイシーズンにどれだけ樹液が出るか確認に来る必要がありそうです。

まぁ、それはさて置いて、昨年は残念ながら60ミリオーバーのヒラタクワガタにめぐり合うことができませんでした。
オオクワガタやヒラタクワガタなど、ドルクス系のクワガタは、羽化後、最も強くて大きなオスが一番良い樹液場を占領します。それが採集されてしまうとどこかで影を潜めていたNo.2が次に入ります。
というように、採れる固体の大きさは一般的に時間が経つにつれて小さくなっていくということになります。
むろん、他の人にも知られていない未開のポイントとなると話は別ですが・・・。
大きな立派な♂は、早い者勝ち、ということになります。
 初採集が確認できる頃から、大型ヒラタの争奪戦が始まることになります。
しかし、マイポイントでは、毎年、樹液が出始めるのが遅いんですよねぇ。

 そこで、トラップ初挑戦してみました。
ぶつ切りバナナをリキュール漬けにして、家内のストッキングを拝借・・・。
日没近いポイントに仕掛けます。
 
画像


え~っと、木の周辺を見ておきます。

にゃ~んとクワガタ発見です。
しかも、ヒラタクワガタです。すかさず、必殺エル棒で掻き出します。
画像

穴の奥に逃げられると悔しいので、手前に出してから写真を撮りました。

30ミリ後半の♂です。
ちょっと、拡大
画像


後ろ足などが欠損しており、傷も多いので越冬個体です。
一度は、ケースに入れましたが、仕掛けたトラップのところにリリースしました。

トラップの結果ですが・・・、
21時、見に行きましたが、ヨツボシケシキスイとキマワリが数匹ついているのみ。撃沈。
まぁ、ダメもとのお試しだから・・・、やっぱり、ちょっと早かったかなぁ。

でも、今シーズンのクワガタ初確認ということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年05月13日 00:23
こんばんは
クワガタ久しぶりに見ました。
昔は、たくさん採ったものです・・
2009年05月13日 01:24
t-b-moonさん、いつもコメント有難うございます。採集に行ったら、今シーズンも記事をアップして行きます。

この記事へのトラックバック

QRコード