うひゃ~っ、折れたんとちがう?

お兄ちゃん(中学生)の期末テストが終わり、学期の切り替わりで平日というのにお休み。
でも、春からはじめた野球部の練習はあるらしく、夕方、駅に迎えにいった。

足を引きずって歩いているので、どうやら捻挫したらしい。
でも、車に乗り込んで来て、右手の中指をみせる。
かなり腫れている。
今日は風が強く、フライが流され、ボールを補球する際、右手中指に当ててしまったらしい。

画像


指の腫れ方が何だか不自然に変形している。痛さで長男の顔がゆがむ。
骨折か、脱臼しているかもしれない…。

整形は、捻挫にしても骨折にしても患部の冷却と安静が大切
とにかく応急処置をしてやろう。
受診してレントゲン写真を撮らないと分からないだろうが、骨折が疑われるのであれば「疑わしきは、そのように…」である。

画像


割り箸を適当な長さ(基本は患部の前後2関節をカバーできる長さ)に調節して新聞紙を厚めに巻いて簡易シーネの出来上がり。包帯と固定用のテープを用意しました。

腫れて曲がった指をシーネに乗せてのばし、包帯で固定する。
これで痛みはかなり軽減できるし、良好な形で患部の安静が保持できる。
明日の朝一番で病院行きです。
折れてなければいいんだけどなぁ。

画像


できあがり

写真を撮っているのを見て・・・
「ブログにこれのせるの?」と痛さに涙しながらも、(こんなものまで載せるのかという表情で)複雑に泣き笑いしている。


お大事に・・・


2008.10.2 追記
息子の受診に行ってきました。
右手中指の第一関節付近の骨(ゴマ粒大)が欠けていました。
包帯を解くと患部は内出血で少し紫色になってて、やっぱり痛かったんだなぁ、と思いました。
3週間ほどそのまま固定して、痛みがなければ、動かしていってよいとの指示でした。
骨折はしてたけど、まぁ大したことなくてよかったです。時間薬ですねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年10月02日 10:18
おはようございます。
うわ~痛そうな腫れ方していますね。
お大事に・・・
2008年10月02日 10:44
としおちゃん、どうもです。
先ほど息子の受診からもどりました。
第一関節付近の骨がゴマ粒ほど欠けていました。骨折してたけど大したことないみたいです。次回の受診は特になし。3週間ほど固定して徐々に動かして良いとのことでした。
2008年10月02日 10:46
うっわ!痛そうな腫れ方ですねぇ!!
多分、骨折か脱臼の可能性があると思いますが・・・さすがナースマン、応急処置は完璧ですね。(^_-)
因みに、自分の併設病院に捻挫したからと救急車をタクシー代わりにしてやってくる患者さんが2・3ヶ月に1人はいるそうです。

それから、フレンドリクエストを頂きまして有り難うございます。
すぐにでもリクエストに追加したいところですが、ウエブリブログの調子が悪いのかエラーが出てしまい手続きを続行することが出来ません。ウエブリブログが復旧されしだい直ぐに登録したいと思います。
2008年10月02日 11:12
気ままさん、コメント有難うございます。
診察のときに「どこかの病院受診してきたの」と先生にたずねられていました。
 救急車の不適切使用は困りますねぇ。
病気や怪我に対する緊急性が分からない場合はやむを得ないなぁ、と思うこともありますが…。本当に必要な人に出払ってないという状況は絶対に回避したいものです。
 では、またよろしく。
2008年10月04日 13:30
素晴らしい応急処置ですね!
ブログ用の撮影もしちゃって^^
冷静ですね!
いいパパですね!
お大事に
2008年10月04日 18:43
うめこさん、おほめのお言葉有難うございます。指のシーネに割り箸は、ピッタリの思い付きでしたねぇ。息子のケガは、我が家の大ニュース、記事に書こうと思い、書くなら写真…という感じですね。
momo
2008年10月04日 22:08
いたそーですね。私も同じような骨折を経験していますので、よく分かります。日にち薬ですからがんばってとご子息にお伝えくださいませ。
しかし、あいかわらず何事にもSKILLFULLですね
仕事がらとはいえ。
2008年10月04日 23:43
momoさん、こんばんは。
momoさんも同じような経験をされたのですね。
私は骨折をしたことがないので骨が折れたときの痛みを知りません。
 整形といえば、大学生とき信州白馬でスキーのときに谷に落ちて肩を脱臼したことを思い出します。関節を戻すときにメチャメチャ痛かったのは一生忘れられません。
2008年10月05日 21:33
「ブログにこれのせるの?」
これ、うちの子もよく言うセリフです(笑)
痛い経験でも貴重な思い出。親としてはついね・・・(^^;
私も骨折したことがありません。
やはりするもんじゃないんだなあと、記事を見てしみじみ思いました。
どうぞお大事にしてくださいね・・・・
2008年10月05日 22:16
ははうえ様、コメント有難うございます。
いろいろと印象深いことがあるとついつい記事にしたくなりますねぇ。
長男は日常生活の不便さに「ケガをするもんじゃないなぁ」と言っています。
すいか
2008年10月07日 18:47
息子さんの骨折、大事に至らなくてよかったですね。私は骨折したことがないのでその痛みはよくわかりませんが、手術室勤務の頃に、骨折の患者さんはちょっとでも動かすものすごい顔して痛がっていたのを思い出しました。
フレンドリクエストありがとうございます。今までも度々拝見させてもらってましたが、また、時々遊びに来ます。
2008年10月08日 11:45
すいかさん、フレンド登録有難うございました。看護関連の記事ばかりではありませんが宜しくお願いします。
すいかさんは、Opeナースされていたのですねぇ。物品の数がとても多いのに先生と上手くコミニケーションしながら「あうんの呼吸」で手術の介助をするのはすごいなぁ、と看護学生のころ見て感動たのを思い出します。

この記事へのトラックバック

QRコード