書道展覧会 (長女の作品入賞)

2008年9月21日、長女(小学4年)の書道の作品が入選し展示されているそうなので行ってきました。
場所は大阪市の天王寺公園内にある大阪市立美術館です。

画像


題材は「つよい心」

高○市教育委員会賞(小学の部)というありがたい賞のようです。後日、祝賀会まであるそうな。

書道教室に全く通ったことのない私には、何がどれほど凄いのかもよく分かりませんが…、美術館の展覧会に出るということは光栄なことなのでしょう。

書道の吉原雪峰先生は、かなりご高齢ですが、文部科学大臣賞を受けたことのある凄い先生だそうです。
そんな凄いとは、今日初めて知りました。
お月謝がそんなに高いわけでもなく、偉そうにもせず気さくな方だったのでビックリしました。

先生の作品、すごいです。

画像


画像


上の写真は、一文字ひと文字、彫刻して金粉を施してあり、手間と時間をかけて仕上げた作品です。

長女から見て…、
 おばあちゃん
 お母さん
 自分
と なんと3代にわたって雪峰先生に指導していただいている、と聞いて これまたビックリ…

まぁ、長女も努力したのでしょうが…、「やっぱり指導してもらっている先生がすごい方なのだなぁ」と感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年09月22日 08:55
お嬢さんの書道・入選おめでとうございます。
素晴らしい字を書かれるお嬢さんですね。
私は小学1年からお習字を始めました。
お習字をしていて良かったと思う事は、筆順が知らず知らずに身についたという事が大きいです。
私には書の素質はなかったですが、お嬢さんには有りそうに思いますよ。
何といっても紙一杯に書かれている文字、素晴らしいと思います。
大きさだけではないですよ。
感想を書きだすと止まらなくなりそうです。(笑)
この辺で失礼致します。
2008年09月22日 09:54
ビオラさん、早速のコメント、お褒めの言葉をいただき有難うございます。
 「おとうさんも結構書けると思うよ」なんて言ったら、家族みんなから鼻で笑われてしまいました。書道は奥が深いのですねぇ。
momo
2008年09月22日 13:53
すばらしい! えくせれんと!
家内が家で書道の塾を開いているので、作品の良し悪しは私でも分かります。
今夜、家内にも見せます。
ところで、私の息子も書道をやっていますが・・さてさて、来年の生○市、橿原神宮等の書初め大会、出品すんのいややとゆーておりますが。まー来年、年初はなーんにもありません
ので、むりやりに参加させますか。入賞は無理でしょうが。
2008年09月22日 15:59
momoさん、コメントありがとうございます。
奥様が習字の先生とは、参りました。
そういえば、昔、国語の先生でしたね。
息子さん、お母さんが書道の先生じぁ、逃げようがないですねぇ。
また、宜しくお願いします。
2008年10月01日 21:59
すごいですね!なかなかもらえる賞ではないです。おめでとうございます!
2008年10月01日 22:33
ははうえ様、どうもありがとうございます。
家内や祖母が結構話題にして自慢しているのでやはり有難い賞なのですねぇ
やっと実感が出てきましたよ
のんちゃん
2008年10月19日 00:09
高〇市教育委員会賞を受賞されおめでとうございます!!なかなか小学生での受賞は難しいと聞きますが、良かったですね☆☆筆の力強さと、筆のかすれ具合の絶妙さが素晴らしいです(^^) 日々の娘さんの頑張りが、字に現われている様です!!小学生の柔軟で何事にも吸収力のある時期に、本物を目で見て、自分の手で触るのは必要だと思います。素晴らしい経験が出来ましたね(^^)これからも、色々な物に興味を持って『?』を追求していってくださいね☆^-^☆
2008年10月19日 11:24
「のんちゃん」さん、いつもコメント有難うございます。長女は何をやらせても優等生です。わたしは、逆に何でもよくできすぎることを心配しています。
 どこかでリラックスできる部分をつくってあげないと成長過程のどこかで突然爆発しないかなぁ?と…。

この記事へのトラックバック

QRコード