鉄道掘り出し写真 (寝台特急「富士」)

DF50に牽引されて日豊線を走る「富士」です。

画像


寝台特急「富士」は、東京と西鹿児島(現在の中央鹿児島)を24時間以上かけて結んでいました。
当時、時間、距離共に日本一で列車名も日本一高い富士山からの命名です。

画像


※現在は、距離が短縮され、東京-大分間を結んでいます。運行距離日本一は、トワイライトエクスプレス(大阪-札幌)です。


私が初めてこの列車を見たのは、深夜の大阪駅、小学校5年生ごろでした。30年以上前です。

画像


EF65-500番台の機関車に牽かれて当時最新の24系25型編成で入線してきました。
ホーム向かいのブルートレインは、富士と入れ替わりで大阪駅を出る直前の「あさかぜ」です。

画像


画像


時刻表上では、富士は大阪駅を通過することになっていますが、運転手交代などのために4分程度停車します。

画像


上り列車の最後尾は、カニ24電源車、この車両で発電した電気を客車に送電しています。
この車両には荷物室もあって、郵便物などが積み下ろしされていました。

画像


前出の機関車と同じEF65という型式ですが1000番台は、正面に貫通扉があります。

画像


毎日、行き来しているブルートレインですが、深夜に近畿圏を通過していくので、
鉄道ファンでもない限り、一般の関西人は、お目にかかれない列車でした。

画像

台風の影響で5時間あまり遅れて大阪駅を後にする上り(東京ゆき)列車。

2008年、現在、寝台特急「はやぶさ」との併結運転で関東と九州を結ぶ唯一のブルートレインです。
この列車も来年度、廃止が決まっています。 






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年09月07日 08:22
おはようございます。
富士は当時日本一の長距離列車でしたね。現在の没落振りぶりを見ると信じがたい、ブルートレインの黄金時代ですね。
2008年09月07日 11:39
としおちゃん、どうも。
単独運転で14両の堂々たる編成。迫力と感動がありました。最近のブルートレインの短い編成を見るとなんとなく哀愁すら感じます。
クリオス
2009年02月11日 21:07
貴重な写真ですね!
ブルートレインが一番元気があったときですね。
今はブルートレインの車両もボロボロで悲しすぎです。
2009年02月11日 21:48
クリオスさん、こんばんは。
コメントを頂き、有難うございます。
車両の経年劣化による痛みは隠せませんね。
富士、はやぶさ最後に乗りたい人も多いでしょうに…。最後の数日間、単独運転してくれませんかねぇ。14両編成で。

この記事へのトラックバック

QRコード