注目のGT-Rと記念撮影

長女の小学校仲良し4家族と一泊旅行
自然が一杯のマキノ高原にいってきました。
高原温泉の駐車場で新型GT-Rをみつけました。
画像

雑誌でも見たけど、スゴイ車らしい。
堂々の風格です。
すかさず、隣に駐車させてもらい、ツーショットでパチリ。
旅行もチョー楽しかったですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2008年08月11日 17:48
新型は空気抵抗大きそう、馬力も大きいのでしょうね?
2008年08月13日 22:03
ひこうちゅうねんさん、コメント有難うございます。
GT-Rは、空気抵抗一つとっても、風洞実験を「これでもか」というくらい積み重ね日産の技術を終結させた車です。700万円以上する車ですから、言わば、ステータスシンボル的な意味合いがありますねぇ。
2008年08月13日 22:45
車が前進するときにどれだけの空気を押し広げていくか、進行方向に対して直角にカットしたときの断面積はGAKUさんの車の方が小さいと思います。
空気を押し広げるときの車の前面の形状は風洞で抵抗が最小になるように設計は出来ますが、単面積が大きければ推進力を得るための馬力(トルク)は大きくせざるを得ませんので 排気量を大きくするか燃費を悪くするかせざるを得ません。
2008年08月14日 08:29
ひこうちゅうねんさん、お褒めの言葉ありがとうございます。平成前のバブル経済真っ只中に開発されたマイフェアレディ流れるようなフォルムはデザイン的にも惹かれます。低く尖ったエンジンルームには3000ccのエンジンが押し込められています。極端に隙間の少ないボンネットの中は、メンテナンス性に手間のかかるエンジニア泣かせの構造です。
のんちゃん
2008年09月10日 01:07
愛車フェアレディZかっこいいですね!!私もスポーツカー大好きです♪♪乗っていると、不思議と鼻唄歌っちゃう位、幸せになります(^^)又、車を大切に乗りこなしている人は、同じ様にパートナーも大切になされるといいますから、きっと学さんもそうなのでしょうね(*^o^*)まだまだお手入れすれば、この先もずっとフェアレディZは、ピッカピカで側にいてくれそうですね☆☆
2008年09月10日 07:30
「のんちゃん」さん、どうもありがとうございます。
男性の車に対する扱いは、恋人や妻に対する対応に相応するという話を家内から一度聴いたことがあります。
いろいろと手入れをしたい所も多いのですが…、我が家の家計が結構ピンチなので辛いですねぇ。
修理のときは、部品代もさることながら、工賃・技術料の占める割合が大きくオーナー泣かせです。
この型式のフェアレディがめっきり数を減らしたのもこのような事情が背景にあるのかもしれません。

この記事へのトラックバック

QRコード