鉄道掘り出し写真 (特急「しなの」)

しばらくぶりの鉄道掘り出し写真です。
今日の列車は、振子式電車の先駆けとなった特急「しなの」です。
画像


主に、名古屋と長野を結ぶ特急列車ですが、一往復のみ大阪まで来ていました。
今でもあるのかなぁ。
画像

特急型気動車キハ181が使用されていた頃です。大阪駅11番線、これから長野に向けて旅立つところでしょうか。

カーブの多い山間部を高速で走るために導入された振子型電車になり、かなり時間短縮されました。
画像


画像


画像

国鉄色の特急が懐かしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2008年06月23日 06:13
おはようございます。
キハ181時代の写真もあるのですね、懐かしいです。
2008年06月23日 11:52
としおちゃん、いつもコメント有難うございます。
「雷鳥」もいよいよ国鉄カラーがなくなるようですね。としおちゃんがブログで言っているように、今は当たり前で撮影にならないようなものでも10年後、20年後は貴重な記録写真になりますね。
2008年06月28日 13:52
本邦初の自然振り子式381系ですね!
確か・・・振り子機能を有効に活用するため重心を低くしようと機器類を全て床に押し込めてしまったので屋根がすっきりしているのが特徴でしたね。
また、この列車381系ですがカーブでのスピードアップが出来た反面、乗り心地は褒められたものではなく酔い止めが必須だったようですね。
しかし、国鉄色の電気釜っていい味出してますね~
2008年06月28日 14:14
気ままさん、こんにちは。
そうそう、この列車、屋根の上はパンタグラフ以外何もなくてツルツル…、運転席の上のライトまでなくて異様な感じがしました。車高も低いのか、パンタグラフがとても大きく見えましたねぇ。
すいか
2008年06月29日 11:33
見覚えのある電車・・・と思ったら「しなの」でした。私は長野なので関西方面に行く時は必ず利用します。今年は既に2回乗りました。今はもう大阪直通はなくなってしまったけれど・・・。以前は振り子で揺れて揺れて本も読めなかったけれど、最近は揺れなくなりなかなか快適です。
2008年06月29日 12:05
すいかさん、コメント有難うございます。
気ままさんが酔い止めががいるくらい揺れるということを実感されていたわけですねぇ。
スピードを落とさずに乗り心地も改善され、鉄道技術も日々進歩しているのですね。また遊びに来てください。

この記事へのトラックバック

QRコード