鉄道掘り出し写真 (寝台特急「日本海」)

FE58牽引の「日本海」です。このころは、湖西線経由ではなく米原を通っていました。
画像


20系編成の写真も残っていました。白黒で掲載している写真はネガがないので接写です。
画像

画像や技術は未熟ですが、今となっては貴重な写真です。

画像

「つるぎ」との2ショット、操車場で夜の旅立ちを待ちます。
「つるぎ」は、関西と北陸を結ぶ寝台特急のコンビ的存在です。

画像

これは、夏の夕暮れ時、青森へ向けて西日の差す大阪駅を後にする「日本海」1号
テールマークが絵柄ではありませんが、車両は24系、湖西線経由です。

画像

そして、牽引機はEF81、ブルーの編成にピンクの車体が際立ちます。
このころ、東京口のブルートレイン以外は機関車にヘッドマークが取り付けられませんでした。
写真は、雨の京都駅に編成をくねらせながら入線して来る下り列車です。

画像

「日本海」は、現在も青森ゆきの寝台特急ですが、青函トンネル開通後は一時期、北海道の函館まで運行されていました。

画像


画像

テールマークも絵柄に変わり、私も少しマシな写真が撮れるようになった頃です。

画像

JRになってから、今までヘッドマークが付けられていなかった寝台特急の牽引機にヘッドマークが復活しました。
しかし、ブルートレイン受難の時代が待ち受けていようとは…。

画像

「トワイライトエクスプレス」専用塗装の機関車(EF81)に牽かれてやって来た「日本海」です。
ときどき、あるようです。なんとなく、重厚な感じで迫力があります。
この写真の撮影日は2008年3月15日、多くのファンに惜しまれながら最期の寝台急行「銀河」が、十数分後に同じ線路の上を通過してゆきました。

2往復あった「日本海」の運行も、相次ぐ、ブルートレインの廃止で1往復になりました。
いつまでも残り続けて欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年04月28日 20:15
湖西線が開通する前の日本海随分昔ですね。湖西線が開通したのは昭和49年だったかな?
きたぐには米原経由で昔の名残ですね。米原駅て、交通の要ですね。
2008年04月28日 21:05
としおちゃん、こんばんは。
湖西線が開通してから、北陸方面の特急列車はほとんど湖西線の利用となりましたね。
「きたぐに」には、もう一度乗りたいなぁ。
としおちゃんは、先日、「日本海」に乗ったんですねぇ。羨ましいです。
2008年04月29日 09:55
日本海は撮影に行っただけですわ。乗りたいな~日本海♪ 10年前に日本海4号に秋田から乗ったきりですね。一番最近乗ったブルトレは3月14日に乗った、はやぶさですね。
2008年04月29日 13:57
こんにちは。ダイヤ改正前のブルトレ乗車ですね。銀河やあかつきの切符は30秒で売り切れたそうで大変でしたねぇ。
ブルートレインは、そうそういつも乗れるものではないので思い出を大切にしたいものです。
あさかぜ
2009年11月06日 18:19
長年ずっと撮影を続けられていることに感服します。
それにしても、関東のファンにとって、今の京阪間はさながら「生きた鉄道博物館」の感があります。今年のGWに京都観光に行きましたが、夕方「日本海」を見に、わざわざ京都駅まで行ってしまいました。乗車率も高そうで、半年前に姿を消した「富士・はやぶさ」よりも往年の雰囲気が感じられました。
国鉄特急色の「雷鳥」ともども、まだまだ元気に活躍して欲しいものですね。
2009年11月07日 00:34
あさかぜさん、コメントならびにお褒めの言葉に感謝いたします。
 残り少ないブルトレ「日本海」、キハ181「はまかぜ」、国鉄色の「雷鳥」、583系「きたぐに」が貴重な存在としてまだ見ることができます。たぶん、ここ数年で国鉄時代からの車両が淘汰されてしまうと思われます。
あさかぜ
2009年11月09日 07:45
国鉄時代の車両が姿を消していくのは、時代の流れで仕方ないですが、やっぱり寂しいですね。食堂車を連結した往年の長大編成には及びませんが、彼らの姿を少しでも瞼に焼き付けておきたいものです。
「日本海」は、子供のころの「のりもの」絵本で見た赤い機関車(たぶんEF70)が先頭に立つ絵の赤と青のコントラストが印象に残っています。ちなみに、横浜でも見られた「さくら」の絵はなぜか(おでこの1灯ライトからして)EF60でした。当時はEF65になっていましたが…
2009年11月09日 19:28
あさかぜさん、コメント有難うございます
 国鉄時代の車両が次々と消えていく昨今、寂しいものですねぇ。東京発の「さくら」や「みずほ」EF60牽引の時代がありました。
 九州では、SLに20系寝台の時もありました。夢のような組み合わせですが…。
 今は、伝統ある優等列車自体が愛称ごと消えてゆくとは、なんとももったいないです。
 いつの日か、復活することを願いますねぇ。

この記事へのトラックバック

QRコード