お兄ちゃんの中学入試、合格発表を見に行く

1月22日、お兄ちゃんは通常の登校日で小学校に行く。

昨日、受験のK中学の合格発表日、発表は午後2時から。
インターネットでの発表を朝から見ようとするが、まだ掲示されているはずもない。
本人は「まずまず、出来たと思う、最善をつくした」と言っていた。

とにかく、落ち着かない。私と家内は、家の中をウロウロするばかり。
13:55にK中学の合格発表がパソコンで見れるようになった。

食い入るように受験番号を探す。ない…。不合格
何度も見返してみるが、ない。

長男を駅まで迎えにいき、車の中でK中学の不合格を告げた。
家内は、今から出願できる学校を探していた。焦りと不安がつのる。

19日の自己推薦の学校の発表は1/23の3時発表。

親子とも祈るような気持ちで悶々とした時間を過す。
 23日、給食終了後、早引きさせて親子で合格発表を見に行く

落胆か、歓喜か・・・、合格発表の掲示に一歩一歩近づくにつれ「たのむ・・・」と祈るような思いである。

 お兄ちゃんの受験番号を探す。

あった、合格!!

親子ともに満面の笑顔。
中学受験を意識し始めてからの3年間の努力がこの瞬間に報われた。

画像


学校の担任の先生、塾の先生方、英検をとるために個人的に特訓していただいた英語塾の先生、いつも色々と心配してくれた祖母…、影ながら支えてくださった多くの方々に感謝いたします。
そして、ここぞという時にやって来た「チャンスの神様」、あとで考えてみるとこの学校に「縁」があったのかな、ありがとう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2008年01月25日 13:39
合格おめでとう御座います。
少し坊ちゃんの為に要らぬ事を書かせて頂きます。
少なくとも受験での書込みを見させて頂く限り、馬車馬になり過ぎているのではと危惧いたします。親としては当然のことかもしれません。
言いたい事は、物事はゆっくりとしか進みません。ご自身の事を翻れば良く分ると思いますが、坊ちゃんの場合も然りです。親から子を見て考えるべきは長い時間においてどう幸せな人生を送って貰うかという事でしょう。
目先に囚われず坊ちゃんの為に頑張って頂く事を願います。
2008年01月25日 15:11
hbarさん、コメントありがとうございます。
お陰さまでなんとか終わりました。
中学受験、熱くなりました。必死になった分、喜びも悲しみも大きいのですが、そこから学ぶことも多いです。自分の大学受験の時を思い出しましたねぇ。
 人間、喜怒哀楽、馬車馬のようになるとき、何もせずただ生きているだけのとき…、色々あっていいと思います。「あの時は、大変だったよ」って後で笑えれば…。その場そのときは、必死なんですけどね。人間くさくていいかなぁ、とも思います。
 また、よろしくお願いします。
mannnen otome
2008年01月26日 18:33
合格おめでとうございます。
ちょっとPCを見ていませんでした。(寒い2階に置いてあるので)今日見て思わずにっこり。
親子共々頑張りましたね。
親の方はハラハラでも、子供は案外楽しんでいたのでは有りませんか? 受験、というものに重圧を感じているのは親の方で、子供は子供の世界で生きているような感じです。夜の9時ごろ電車に乗ると、塾の帰りの子供達が楽しそうにおしゃべりしています。
「大変ね」と声をかけると「あはは」と笑っていました。 そんなものなんだ、と気の抜ける思いをしたことがあります。 子供の生きる力を信じましょう。
無論お互いに愛していることが絶対条件ですよ~。
2008年01月26日 23:24
mannen otomeさん、コメントありがとうございます。
小学受験、中学受験は、総じて親の方が必死になっていることが多いですね。当の本人は、案外気楽に構えているかもしれないです。まあ、どう考えても受験へのレールをせっせと引いているのは家庭の方針というか親ですからね。今は客観的に自分を振り返ったりすることができたりします。
2008年01月27日 16:20
合格おめでとうございます。
やっと一息ですね。
親子で乗り切った中学受験ですね。
これから始まりです。
明るい未来が見えてますよ!
2008年01月28日 00:08
mama-iyaさん、コメント有難うございます。
そうですね。これからが始まりです。また、つらい事や楽しいこと…、様々な波があると思います。
一息ついたら、また気を引き締めて進みます。
うちは、ハッピーエンドでしたが、受験模様も様々で志望校に合格できなかったり、決まっていない人も多いと思います。教育路線で来た家庭では、予想外の展開に方向転換を余儀なくされ、深刻かもしれないです。
「人生の通過点で勉強だけが人生じゃないよ、視野を広く持って…」という意見もありそうですが、気持ちの切り替えが大変かもしれません。
「明るく、元気に、前向きに」行きましょう。
そうでないときも多いけど、自分と家族に言い聞かせながら…。
のんちゃん
2008年01月28日 14:00
志望校合格おめでとうございます!!長く険しい中学受験の道を、家族皆で勝ち取られましたね。受験は何が起るか全く予期出来ません。受験をすると決めた時から、お兄ちゃんには数多くの試練がふりかかってきたと思います。しかしそれを頑張って乗り越えられたからには、今すぐではないかもしれませんが、きっと『花咲く』時が来るはずです。希望した中学校で学べるのはほんの一握りの人達です。お兄ちゃんはこのチャンスの神様を自らの手で掴んだのですから、中学校での多くの事を学んで欲しいですね。息子さんの素晴らしい満面の笑みが伝わってきます
2008年01月29日 11:50
「のんちゃん」さん、コメントありがとうございます。
いつも、我が家びいきで恐縮いたします。
「親の気持ち、子知らず」といいますが、自分が子供の頃もこんな具合で心配をかけていたのだなぁ、と実感しますね。
かおりん
2008年05月09日 23:14
子供さんの中学合格おおめでとうございます!
遅ればせながら、お祝いを申し上げます。
いつも私のテキトーブログにコメントしてくださって、有難うございます(^。^)
2008年05月10日 01:32
かおりんさん、こんばんは。
お祝いコメント有難うございます。
公私共にお互いいそがしい日々をがんばりましょう。
毎年、桜の季節は何かと行事ごとが多くて、ゆっくり花見をする暇もありません。

この記事へのトラックバック

QRコード