お兄ちゃんの中学受験、3日間の入試日程終わる

画像

長男の受験日程がひとまず落ち着きました。

19日は、第一希望の自己推薦入試の学校。作文と面接。
作文練習の甲斐あって原稿用紙2枚と半分くらいは書けたらしい。面接も答えに困るような質問もなく、自分の主張ができたといっていた。大学付属の学校で設備はビカいち、メチャ綺麗。

20日、京都の男子中学、朝からかなりの冷え込み・・・。4教科と面接の実力勝負である。
私は仕事で家内が付き添っていったが、子供と別れるときにジャンバーを回収してしまったことが災いした。教室は密閉度が低く隙間風が入り込む。長男は制服で半ズボン、セーターも着ていない。午前に3教科、午後は1教科と面接、しかも面接まで2時間待ちだったようである。試験を終えて戻ってきたときは、唇を真っ青にしてガタガタと震えていたそうだ。「寒すぎて集中できなかった」と。京都の底冷えはきつかった。
周りの保護者の雑談からすると難関校の併願が多い様子で、思ったよりレベルが高いようだった。

21日、K中学の二次入試、19日の統一日に難関校の合格を逃した受験生たちが多く、2教科ではあるが、激戦である。あっという間に午前中で試験終了。

 午後は、私一人で昨日受けた京都の学校の発表を見に行く。この学校は通知やインターネットでの発表はないので見に行くしかない。

残念ながら、息子の番号付近はゴソッと15人分抜けている。
掲示板付近や駅からの途中で何組もの親子とすれ違ったが、その表情や顔つきで合否がわかってしまう。
 もし、この学校に合格していたら、入学手続きの関係上、第一希望の学校の発表を待たずに入学金を入れなければならなかったので少しホッとしたけど、寂しいなぁ。
不合格の知らせを自宅にメールしました。

3時過ぎに帰宅しましたが、お兄ちゃんは昼ごはんも食べずに待っていました。
一緒に遅い食事をして、久しぶりにおもいっきりキャッチボールをしました。


 今日の午後、昨日受験の学校の発表、23日に第一希望の入試発表です。

第一希望校は、インターネットでの発表もありますが、一緒に発表を見に行こうと考えています。
どのような結果であろうと自分の目でみて、すべてを受け止めさせようと考えています。

それが歓喜となるのか、挫折となるのかわかりませんが…、

一緒に受け止めてこようと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のんちゃん
2008年01月24日 18:57
中学受験は親子の受験でもあるのですね。塾で数々のテストを受け試験には慣れていても、試験会場には同じく塾で猛勉強を乗り越えた、強豪揃いの厳しい実力勝負の世界が待っていますし。又学校の設備等により、寒さが受験を左右する等、予期せぬハブニングが起こったり。今までとは違う環境の中で息子さんは、小学生ではなかなか体験の出来ない事が体験できたのではないでしょうか。皆の思いはひとつ。志望校合格!!何年も頑張ってきた力が発揮できます様に。頑張れ!!
2008年01月24日 20:38
「のんちゃん」さん、コメントありがとうございます。学力低下が叫ばれている昨今ですが、息子の中学受験は私が思っていたほど甘いものではありませんでした。厳しいですね。

この記事へのトラックバック

QRコード