CPCRを学ぼう!(おかげさまで第6回を迎えました)

CPCRの院内普及活動がはじまり、6回の講習開催を迎えることができました。
月2回の開催で4月からのべ96人の病院職員が受講しました。
画像

講習会開催の1週間ほど前に毎回、案内を配布し受講者を募ります。
画像

多いときは20名以上ですが、だいたい10人前後の受講者がいます。
今回より、2回目以上の受講者対象に異物除去講習を始めました。
万一の喉詰め事故への対応として開口法、掻き出し、タッピングの実技、掃除機による吸引法の解説とペットボトルを用いた吸引力の体験があります。
 事務系、栄養課、その他の多くのコメディカルスタッフも受講していただいています。
すべてのスタッフが、万一の緊急時に患者様に対処できることを願って・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

のんちゃん
2007年07月22日 23:37
医療従事者だけでなく一般の人でも、自分の目の前で倒れている人に立ち会う可能性が有ります。そのとっさの時にどれだけ的確に対処出来るか…それには普段の生活の中に救急蘇生法が使える、知っている事が大切なのでは。生命を救う蘇生法が広く普及していく事が大切ですね!!
2007年07月23日 13:30
のんちゃん、いつもコメントありがとうございます。
一次救命は遭遇した人が、職種に関係なく行なえることが理想ですね。しかし、私たちはその後の二次救命があります。送管介助、ルート確保とか呼吸器の設定とか・・・。そちらもしっかりやらないといけないです。

この記事へのトラックバック

  • CPCRを学ぼう! 〔院内CPCR普及班 始動〕

    Excerpt: この春より、私の勤務する病院で心肺蘇生法を普及するためのチームが発足しました。 Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2007-07-13 21:34
  • CPCRを学ぼう!(ポケットマスクの普及を開始)

    Excerpt: 院内おける患者の急変に対応するためにポケットマスクの普及が検討されています。   ポケットマスクは、心肺停止状態の傷病者を発見し、その場で人工呼吸を行う際に優れた換気性と感染防護効果を発揮します。.. Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2008-11-17 10:51

QRコード