水中毒の患者様

画像


今日は、水中毒について書いてみます。
食中毒や薬物中毒、身近なところで急性アルコール中毒などが一般的に良く知られています。水中毒って聞いた事あるでしょうか。水を飲んで中毒になるって一般的には想像しにくいものですが、精神科ではよく知られた病態です。
 統合失調症の患者様にある程度の割合でみられます。程度の差はありますが、とにかく水やお茶などの水分を驚くほど飲みます。一日のうちで飲水による体重変動が5kgとか7kgということもあり、数分のうちに2リットル、3リットル飲んでしまう患者様もいます。
常にコップやペットボトルを持ち歩いていたり、衣服の前部が濡れていることが多かったり、しばしば洗面所で飲水している姿を見かけます。
飲み方(急激に多量飲水、少しの量を継続的に飲水)によって症状も異なりますし、個人差もあります。
症状は、顔面のむくみ手の振るえ(振戦)、発汗、多尿、尿失禁意識混濁・消失があります。
 水を飲みすぎると体内の電解質バランスが崩れる(低ナトリウム血症など)ことによって手の振るえ、意識混濁などの症状が出ます。重篤な場合は死に至ることもあります。
過度の飲水で血が薄まると考えてもらえれば解かると思います。血液と細胞の間に濃度の差ができ浸透圧の関係(濃度を一定に保とうとする働き)で水分が細胞側へ移ります。その結果、細胞間質液が増えてむくみ(浮腫)となって現れます。腎臓もがんばって処理しますから当然尿量も増え、多尿や失禁という症状も出ます。
 体も状態を維持しようと頑張りますが対応できない場合、意識消失、横紋筋融解症など重篤な症状が現れます。横紋筋融解症は細胞が水でパンパンになり壊れてしまい血液中に溶け出し(CK値急上昇:万単位)、放って置くと壊れた筋肉(ミオグロビン)が腎を詰まらせてしまい腎不全に陥る事態もあります。
 また、急性症状がなくても過度の飲水を日常的に続けていると膀胱の肥大化、収縮不全などが起こります。
膀胱が肥大化した患者様に対する一回の導尿で1400mlを排出したことがありますが、驚きの量です。
ひどい場合には、覚醒したまま、本人は気づかず尿失禁しながら歩き回っているという事態もあり得ます。
 なぜ、水を飲みすぎてしまうのでしょうか。抗精神病薬の副作用からくる喉の渇きが一因との説もありますが、あまり当てはまらないようです。薬が減ったからといって、過飲水行為が解消するわけでもないし、医学的にも解明されていないようです。今のところは、過度な飲水行動に対しては行動制限という方法しかないのでしょうか。

 以前、「そんなに水が好きなら水三昧させてあげよう」ということで病院の裏庭にレクを兼ねて特設手作りプールを作って患者、スタッフ共に大騒ぎで遊んだことを思い出します。


「ブログ書こうよ トラク場」のお題が更新されました。
第30回のお題は「病気にまつわるエトセトラ」です。
http://torakuba.at.webry.info/200702/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

noice
2007年01月29日 17:02
こんにちは(^O^)
水中毒はこわいです。知らないうちにたくさん飲んでいて、検査をしたら異常に電解質のバランスが崩れている・・・という患者さんもたまにいます。
最近、大会で水を飲みすぎたのか一般の方が亡くなった事件が海外でありましたね。
 水は生命に必ず必要ですが、やはり過剰はいけないようです。
何事もほどほどに・・・ですね。
gaku
2007年01月29日 21:50
noiceさんコメントありがとうございます。「~すぎる」というのは何事もよくないですねぇ。昔は、観察室という鍵部屋があったのですが・・・、人権上の問題とか集団隔離になるということで指導があったりで今はありません。過飲水の患者様は、より制限の強い拘束対応となっています。
 飲みすぎては拘束、体重が戻れば拘束一時解除の繰り返しです。何かいい方法はないものでしょうか。
2007年01月30日 06:46
水中毒というのがあるのは初めて知りました。私も水は毎日3l程はのみますが、中毒ではないようです。飲めば飲むほど良いものと思っていましたが、そうでもないんですね。是非サークルのタイトル「世代別の言い放し」でブログ紹介して下さい。
サークルで議論の種も提供頂くと有難い。
GAKU
2007年01月30日 18:59
hbarさん、コメントありがとうございます。わたしも医療業界に入るまでは、水中毒なんて知りませんでしたよ。でも、普通は、中毒になるほどの水は飲めませんよ。尋常な量じゃないですから・・・。
 また、サークルの方にも一度、遊びに行きますね。よろしく。
2007年02月01日 22:14
水中毒・・・学生時代に精神科の実習で受け持った患者さんが統合失調症&水中毒でした。
その患者さんは閉鎖病棟に入院され、1日あたりの体順変動も5~8Kgで浮腫著明、電解質バランスが崩れているときには行動制限して一時は改善するのですが制限フリーになると水中毒を起こすという方でした。
担当医の話では薬物の量を減量してみた事もあったそうですが、飲水量は変わらなかったそうです。しかもこの患者さん、海水浴の時に海水をがぶ飲みしたこともあり、そのときには命に関わるほど危険な状態になったそうです。
やはり、水中毒で過度の飲水がある場合は行動制限するしかないようでした。

精神科では、受け持ちの患者さん意外にも水中毒の方がいらっしゃいましたけどどの患者さんも尋常じゃない量の水を飲まれていたのでとても驚きました。
2007年02月02日 03:01
気ままさん、コメントありがとうございました。
海水がぶ飲みも大変そうですねぇ。水中毒の患者様を学生実習の受持ちにするのは、水中毒の勉強にはなるけど、その患者様の飲水量ばかりに意識が偏ってしまい、患者様本来の人間性を見失いがちになってしまうので注意が必要ですね。
 また、看護研究のテーマとしてもよく注目が集まりますが、個人差が大きく、なぜ飲むのか、ということも個人個人には曖昧な理由はあるけれど、根拠や確証もはっきりしないので落としどころが見えず難しいですねぇ。
 今回の夜勤でもドライウェイトが90㎏前後の方が102㎏まで上がり、顔も腫れていたので当直医に上申し行動制限をかけました。
 だけど、なんでそれほどまでに飲むのでしょうか、「ぶっ倒れても知らないよ」って感じです。
2007年05月31日 01:12
私も最近、医学書の立ち読みをしていて知りました。
該当する患者さんも心当たりがあります。
また お邪魔します。
2007年05月31日 07:31
ひこうちゅうねんさん、コメントありがとうございます。
水で中毒になるなんて不思議な感じですよね。水分は生命あるものにとって不可欠なだけに…。何事も「過ぎたるは、及ばざるが如し」ですね。
また、ブログに遊びに来てくださいね。
minako
2010年03月21日 14:10
私自身水中毒です。部屋の中に何本も1.5ℓのペットボトルが置いてあります。持続的に飲むタイプでうつ病です。浮腫まないよう塩分をカットしているので、血中のナトリウム値がカリウムを下回っています。ヘモグロビンも少なく、貧血です。外出時は、我慢できます。水と言うより、コーヒーにしていて、しょっちゅうトイレに行きますが、我慢している時の様に沢山の量が出ません。危ないですか?
2010年03月21日 23:47
minakoさん、ご訪問・コメントありがとうございます。一日にどのくらいの量を飲用されているのでしょうか?過剰な飲水をされている方は、個人差はありますが、飲水による体重変動が3Kg(1日の内)以上はあります。血液検査を定期的にしてもらうほうが良いでしょうね。本当に気をつけて、一日の飲水量をコントロールしたほうがよいです。
あと清涼飲料など糖分のあるものを継続的に飲用しているのであれば、血糖値、HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)値も気になります。
minako
2010年03月23日 19:36
お返事有り難うございます。体重変動は計った事がありません。当分の入っている物は飲んでいません。塩分を極力摂らないようにした結果、カリウム値がナトリウム値を上回ったのだと思います。自分の飲水量を計ってみます。
2010年03月25日 22:54
minakoさん、こんばんは。
ナトリウム値が基準値より高い状態で長年経過すると血管壁が硬化し、循環器障害の一因なることは一般的によく知られています。
 逆に基準値より低い状態は、低ナトリウム血症と言って、水中毒患者によく見られます。重篤な場合は意識消失を伴い、電解質補正の輸液処置をするなど緊急を要します。
「過ぎたるは及ばざるがごとし…」で、検査値の値が基準値に収まっていることが大切です。値が少々基準値を外れているからと言って深刻になる必要はないですが・・・、著しく外れている場合は注意が必要です。
minako
2010年05月12日 16:47
血液検査と尿検査をしてもらいました。低ナトリウム血症は、辛うじて一番軽度の段階です。先ず、一日4ℓから減らしていくことになりました。それ以外のペットボトルは処分しました。目標は2ℓです。
2010年05月13日 07:22
minakoさん、ご訪問、コメントありがとうございます。低ナトリウム血症が軽度で良かったですね。成人に必要な一日の水分摂取量は、2ℓ~2.5ℓです。発汗や運動量、個人差によって多少は異なりますが、これが基準です。自分の身体の状況を理解し、目標に向かって努力することは、大変重要なことですしとても評価できます。これから、暑い季節になり、水が恋しいですが、頑張って下さい。

この記事へのトラックバック

  • 急性アルコール中毒 症状と対策

    Excerpt: 急性アルコール中毒と言えば1月~4月、宴会の多い時期に多く見受けられます。特に、... Weblog: FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座! racked: 2007-02-08 22:33
  • 前立腺がんとは?

    Excerpt: トラックバック失礼します。 男性は要注意の前立腺がんについてまとめましたので宜しければご覧下さい。 Weblog: 前立腺がんを学ぶサイト racked: 2007-05-22 14:38
  • 前立腺がんとPSA

    Excerpt: トラックバック失礼します。 近年増加中の前立腺がんについてまとめましたので宜しければご覧ください。 Weblog: 前立腺がんを学ぶブログ racked: 2007-05-31 15:00
  • 腎臓を活性化させる秘訣

    Excerpt: 腎臓病で苦しまれる方は非常に多いと思います。私の友人であり、気功の師匠でもある樋渡先生を自信を持って紹介できます。彼は、お医者さんがどのような病気と診断しようともあきらめません。事実を書くのは薬事法に.. Weblog: 腎臓病から元気になる方法 racked: 2007-06-11 23:22
  • 腎臓の働きと病気

    Excerpt: 腎臓にはそれぞれに血管がつながっていて、体全体のフィルター(ろ過器)のような働きをしており、一日に1.5トンにものぼる血液が腎臓に流れ込み、これをろ過し不要物を捨て、必要物を再吸収するという、とてもハ.. Weblog: 心と体の健康食品【ブルーグリーンホーリーサン】 racked: 2007-07-19 15:19
  • 尿管 がん 阿久 悠 さん 死去 ☆ 阿久 悠 さん また逢う日まで  UFO 宇宙戦艦ヤマト  ・・・・ 

    Excerpt: 尿管 がん で 20世紀最大の作詞家 阿久 悠 さん死去 阿久 悠さんは、「また逢う日まで」「UFO」などのヒット曲を作詞し、小説「瀬戸内少年野球団」などの名曲を世に出されました。阿久 悠(あく・ゆう.. Weblog: がん 治療 情報 ☆ がん 最新 治療 racked: 2007-08-02 23:33
  • 一日の始まり

    Excerpt: 07/111/09 今朝は、目が覚めたのは4時を過ぎていた。  いつものようにストーブを点けてから置きた。  外は、昨日仕事から帰るころから降り出した雨が、まだ降っているようだ。  いつものよう.. Weblog: 精神障害者と家族 racked: 2007-11-09 21:44

QRコード