サンタクロースからの手紙

画像

もう、12月になり、自宅をクリスマスに向けてイルミネーションで飾る家々が目立ってきました。うちの子供たちは、サンタをまだ信じているのかなぁ。小学校5年にもなって信じているわけないだろうな。でも、本当にいるかのように話すし・・・、故意に親の前では実在するかのように振舞っているのだろう。

 昨年のクリスマス、長男はゲームにのめりこみ学校の宿題すらおろそかになることがあり、親の目を盗んではゲームに夢中になっていた。生活が乱れかけていて何とかしなければと、家内と毎晩のように話をした。
長男は、クリスマス・プレゼントにゲーム機やソフトを第一希望にあげている。
希望どおりに買ってあげることが、これからの本人にとって良いのか悩んだ。

そして・・・、「サンタクロースからの手紙」を添えて、第4希望くらいにあがっている本とドッヂボールをプレゼントに決めた。

A HAPPY MERY X’mas
一年ぶりにやってきたよ。元気にしていたかな
○○くんは、転校や塾がはじまって大変だったね。
でも、一生けんめいにがんばって、のりこえることができましたね。
おとうさん、おかあさん、先生、せんぱい、友達、多くの人たちに
ささえられて今の自分があることを忘れず、これからも感謝の気持ちを大切にしてくださいね。
 今回のプレゼントは、ほしい物がいろいろと変わったのでとってもなやみました。今、○○くんがほしい物をそのまま思い通りにプレゼントすることが、今の君にとって本当によいことなのか毎日考えて、このプレゼントに決めました。
本当に自分がほしいものは、ひとにたよるのではなく、努力をつみかさねて、手に入れることが本当に君のためになると信じています。
 心も体も強く、そしてやさしい男の子になってくださいね
君の成長をいつも楽しみにしています。

サンタクロースより

 今は、漢字検定や学校の中太鼓の練習に夢中で、自分のやらなければならないことに積極的に取組んでいる。
さあ、今年のクリスマスは、サンタに何をもらいたいのかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2006年12月04日 20:55
こんばんわ、初めてお邪魔しました。先日は書き込みありがとうございました。
なんて素晴らしいサンタさんでしょうね!!! 感動です。
我が家の子供にはサンタさんからの手紙が付いていたことなど一度もありません。お手紙付きのサンタさんからのプレゼント、嬉しいでしょうね。希望通りのものでなくても、きっと納得してくれているんだろうな、と思いました。
我が家は中一と小二ですが、今年もサンタさんが来るのを楽しみにしている様子。中一さんには、「中学校へ入ったから、もう大人ということでサンタさんもプレゼントはくれないのでは?」と声を掛けています。一体サンタさんはいつまでプレゼントをくれるんでしょうね。心配になります。
エフハリストさんへ
2006年12月05日 21:53
コメントありがとうございました。
物があふれている現代、努力や我慢、人の身になって物事を考えること・・・など、など、子供たちが長い人生を生きて行くうえで一番大切なものをしっかりとこの時期に教え、身につけさせたいと思うのです。
なかなか、大変なことですが子供たちとしっかり向き合って乗り越えて行きたいものですねぇ。また、宜しくお願いします。
GAKU
2006年12月08日 13:07
長男は、サンタが誰なのか気づいていました。
長女は、サンタをまだ信じているようです。
長女がクリスマスのプレゼントについて私に話をするのですが・・・、
その横で長男が「無理なこと言うと困る人がおるねんぞ!サンタ苦労スル、やろ!お父さん」と目くばせをしていました。
トニー
2006年12月09日 02:53
サンタ苦労スル(笑)座布団3枚あげたいなぁ~
いい子ですね。親の接し方がいいからかな?
話し言葉は聞き流されても、手紙は意外と心に残るものです。
僕は小5まで、枕元に靴下を置いて寝てたと思います。
サンタは親と知りながらも靴下を置かなくなると、このイベントが無くなるような気がして寂しかったんだと思う。
GAKUサンタからのお手紙は続けてあげて欲しいなぁ

トニーさんへ
2006年12月09日 07:27
トニーさんコメントありがとうございます。
この手紙を書いたときは、子供がどんどん悪い方向へ行くんじゃないかと心配しました。このときの手紙を読み返すと、そのときの思いがよみがえります。クリスマスなどのイベントを機会に「感謝の気持ち」や「人の身になって物事を考える」という人として基本的な部分をしっかり教えて行きたいですねぇ。
トニーさんの記事は、いつも大変、参考にさせていただいています。
また、よろしくです。

この記事へのトラックバック

QRコード