看護研究「大規模災害に対する看護職員の意識調査」

画像

2006年11月22日、某看護研究学会が開催され、示説発表をしてきました。
 研究の動機と方向性の概要は次のようなものです。

1995年1月、未曾有の被害を出した阪神淡路大震災から11年の月日が経過しようとしています。震災から1年余りは各病棟で倉庫に乾パンなどを備蓄して各々災害に備えていたが、今ではその様な対応はなくなり、危機管理意識の風化が見られます。
一方で災害時、重症の患者様をどのように避難させるのか、夜勤帯に地域の方が助けを求めて多数来院したらどう対応するのか、このような災害に対する不安は尽きません。
また、他の多くのスタッフはどの様に感じているのだろうか。このような疑問を機に大規模な地震災害に対する防災をテーマとし看護職員への意識調査を実施しました。
この研究により看護職員の防災意識を把握し、個々に感じている不安や要望の集約を行うことによって防災に対する体系的な取り組みへとつなげていくことを目的としてとりくみました。

 院内での発表を機に災害に対する防災への関心が高まり、
2006年5月 災害医療・防災対策研究班が発足しました。
災害教育、広報活動、防災訓練、被災地への救援を活動の柱としてスタートしました。
今月、11月25日には、当院と自治体主催の防災フェスティバルを開催する予定です。
当院、始まって以来、初めて地域住民参加のイベントとなります。
最後に研究班発足時の当院、医院長の言葉の一部を紹介させていただきます。

「当院は、一医療機関として大災害時の対応が可能な体制を準備し、被災者の援助を行えるようにしたい。入院患者、通院患者、職員およびその家族のみならず、地域の被災住民に対しても貢献できることを目標とする。
 この体制において忘れてはならないのは、援助側のわれわれ自身が被災者である可能性が高いことだ。同じ被災者の立場でありながら、援助されるはずの者が援助する側に立って活動を行うことは、非常につらい思いをその人に強いることになるだろう。
 そのつらさを越えていく力になるのは、医療人としての自負だろうか、人としての博愛だろうか、何にしろそれはすでに想像を超えるものだ。当院は、しかし、我々が持っているその部分を信じ、この活動を開始する。」

 ※ 看護研究としては、この発表で一区切りつきましたが、防災に対する活動は始まったばかりです。理解ある院長のもとで、わたしもこの職場の一スタッフとして頑張っていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

GAKU
2007年02月12日 22:22
「おおさか 看護だより」№74の4ページ下方に示説ボードの写真を掲載していただきました。ありがとうございます。 
2007年06月06日 18:51
>>大規模災害に対する看護職員の意識調査のデータを拝見したい。
>>小生の学会発表要旨を…。
>>メッツ○○薬局 yamazaki
>>[mail略]
 yamazaki様、コメントありがとうございます。
また、研究テーマに興味を持っていただき大変うれしく、光栄です。

 大変失礼かと思いましたが、yamazaki様の個人情報が入っておりましたので原文の一部をこのコメントに転載させていただき、元のコメントを削除させていただきました。
 メールアドレスなどの個人情報を省略させていただきました。
不特定多数の方が閲覧できるので…。
また、研究データー、資料は、私個人の一存で公開、譲渡しかねますので
何分ともご理解、ご容赦願います。

 研究対象は、看護師、ヘルパー合わせて300人あまりで、防災用具の管理状況や頻度、質に対する質問項目、震度6強を想定した時の対処や意識、病棟での取り組みを中心にした研究でした。
 学会発表では更に職員の防災意識に的を絞り込んでまとめたものを発表しました。
 ご期待に沿えず残念ですが、よろしくお願いいたします。
ははナース
2011年05月13日 15:52
はじめまして。東日本大震災を経験した看護師です。震災にあい、様々な不安を抱えながら病院で勤務しています。沿岸部ではなかったため、被害は少なかったほうだと思います。震災から二ヶ月が過ぎ、当病院で、看護研究が行われます。今の不安や災害対する意識はどうなのか、災害の看護研究をしたいと思ってます。そこで職員の意識調査を行いたいと思っていたら、このページを見つけたので興味がありメールさせていただききました。意識調査の内容がどのようなものであったから教えていただければと思いまして。よろしくお願いします。
ははナースさんへ (GAKU)
2011年05月14日 00:51
ははナースさん、被災地からのブログ訪問、コメント誠にありがとうございます。
 被災地での大変な状況は、察して余りあります。微力ながら何か力になれればと思います。連絡ありがとうございました。
何らかの協力ができるよう善処致します。

この記事へのトラックバック

  • 台風、地震の被災地の皆様お見舞い申し上げます。

    Excerpt: 毎年起こる自然災害の前に我々の工作物の無力な事を思い知らされます。 建築の強度は、災害や、事件の起きるごとに見直され、より強い物を造る為の工夫がなされますが、自然力はそれをあざ笑うかのように、超えた.. Weblog: 建築バカ日誌 racked: 2007-07-17 14:25

QRコード