ボンネットダクトの効果2

エンジンルーム内の熱対策に効果があるボンネットダクト、見た目にもカッコいいんだけど…。
取り付けに踏み切れない要因に雨対策があります。

画像


屋内ガレージでない場合、なおさら気になります。
エンジンルームに雨水が入って車によい訳がない。物によってはきちんと対策されているものもありますが…。
取り付け当初は雨に対して非常に神経質になっていましたが、クラブのメンバーから「ぜんぜん大丈夫だよ、そのままにしてる」
という話も聞き、1年位、雨対策をしなかったこともあります。確かに雨の日は、少しこもったような音になりますが
性能的には問題ないように思えます。何年か前に大きなエンジントラブルを起こしたときにディーラーのメカニックと話をしたのですが、
短期的には大丈夫でもやはりエンジンルームに水が入ることは、よくないということでした。
結果としては、多少の雨水の流入に神経質になることはないけれども長期的に見た場合、対策が必要ということでしょう。
以来、駐車時は、ボディカバーと写真のような厚手のビニール製のダクトカバーを自作して使っています。
ボディーカバーは、一長一短ありますが、ダクトの雨対策のほか防犯や紫外線など愛車を守るため大活躍です。
〔ボンネットダクトの取付け、雨対策は自己責任で、この記事は参考程度にしてください。この記事に関連するトラブルに関しては責任を負いかねます。〕

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ボンネットダクトの効果

    Excerpt: 愛車のボンネット・ダクトです。この車は夏場、エンジンルーム内の熱対策が課題です。 夏場の渋滞時にエアコン使用で大変な状況になります。ゴムホース類の劣化に影響を与えます。 少しでも熱を逃がすためにボ.. Weblog: GAKUちゃんのひとりごと racked: 2011-04-21 23:26

QRコード